みんなに楽しんでもらえる写真館へ。

日本の新しい写真館

兵庫県姫路市 フォトセラピー タイムグラフ

写真が生み出す歓びを、多くの人に伝えたい。

地域の方から必要性を感じてもらうために、写真館は「写真そのものの良さ」をもっと伝えていくべき。上山氏はそう考えている。同店が今年初めて実施した「マイタイムグラフ~百人百色の肖像写真展」にも上山氏のそうした想いが込められている。
これは写真館で一人で撮る機会の少なくなった大人のための無料撮影イベントだ。街頭ロケで撮影した今の姿と、子どもの頃の写真を並べた写真パネルを作成し、先頃、写真展を実施した。
「写真館は子供だけじゃなく、大人でも楽しめる場所。そういう認識をもってもらうために始めたイベントなんです。来店時に小さかった時の写真をもってきてもらい、アンケートに答えてもらうんですね。小さい頃の夢は?生まれ変わったら何になりたい?とかね。すると撮影する前から、写真館という場で皆さん楽しんでくれるんですね。私はそれだけでも、これをやった価値があると思っています。写真を撮られる喜び、観る楽しさ、そして残す大切さを少しでも多くの方に伝えていけたらいいですね」

百人百色の肖像写真展はホームページ
http://www.upmountain.net/mytimegraph/vote5.cgi )でも紹介されている。

このページのトップへ