九一とライト、息づく伝統。

日本の新しい写真館

大阪府大阪市 内田写真株式会社

心遣いが行き届いた個性的なラウンジ。

お客さまをお迎えする受付&ラウンジの壁面は、帝国ホテル旧本館を設計した近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトへのオマージュを込めたモダンなデザインになっている。その造形美に調和するように、内田九一氏が撮影した明治の貴重な風景写真が配されており、2つの伝統を現代に融合させた内田写真・帝国ホテル写真室ならではの雰囲気を醸し出している。また、ラウンジでは、披露宴の映像に使用する音楽を自由に聴いてイメージを膨らませることができるようになっている。お客さまにお待ちいただくわずかな時間もくつろいでいただきたいという配慮からだ。実際 このサロンでは、混雑時に「まだですか?」とおっしゃるお客さまが全くなく、打ち合わせが済んだ後も従来にくらべゆったり過ごされる方が多いそうだ。「打ち合わせを楽しくする」というサロンのコンセプトはお客さまに高く評価されているといえるだろう。

このページのトップへ