いいものは、世に広まる。

日本の新しい写真館

愛知県名古屋市 株式会社スタジオジーティ

スタジオジーティのシンボル、ティアラアルバム。

オリジナリティを追求するスタジオジーティにとってまさに象徴的な商品がアルバムだ。製本や写真の加工など、これまで他にはないさまざまな工夫や魅力を打ち出してきた。例えば「180度フラットに開くアルバム」もそうだ。同社は1993年頃から現社長の菅原氏が中心となって開発に取り組み、実用新案を取得したうえで1996年に商品化している。この体裁は業界にあっという間に広がっていったが、その後同社は専門のクラフトマンが全工程ハンドメイドで仕上げる「ティアラアルバム」のシステムを確立している。現在では、紙やパーツは品質に優れた日本製のものを使いながら、制作拠点を海外に移すことでコストダウンを実現。個性的なアルバムをリーズナブルな価格で提供している。

このページのトップへ