写真は、光がつくるドラマ。

日本の新しい写真館

長野県駒ヶ根市 フォトガーデン・ホンダ

季節感と本物感にこだわった全天候型スタジオ。

2009年にスタジオをリニューアル。南欧風のオープンフォトテラスをはじめ、季節感を大切したスタジオづくりを行った。「自然光がふんだんに入ってくる設計にしています。四季によって、光って全部違う。その光で写真の表情もすごく変わってくるんですね。だから、いつでも季節感が漂う空間にしたかったんです」。また、白を基調としたメインのスタジオには、本物感を追求したオブジェがしつらえられている。「ハリボテのセットじゃない、デザインや質感にこだわった造形物を配したかった。というのも僕らはロケーション撮影をひとつのセールスポイントにしていますが、基本はやはりスタジオ撮影なんですね。ブライダルはもちろん、家族写真や子供の写真でも、よりクオリティの高い写真づくりをするために、本格感、本物感にこだわったんです」と本多氏は語る。

このページのトップへ