フォトソリューションレポート

株式会社ハピリィ 東京都千代田区

写真マーケットを開拓するIT。

株式会社ハピリィは、子ども向け写真館のhappilyフォトスタジオ3店舗(表参道店、自由が丘店、横浜みなとみらい店)を運営。その一方で、インターネット写真販売サービス「フォトレコ」の活用・提供を通じて、写真館の新たなビジネスモデルを拡げようとしている。代表取締役・二口恵子氏に話を伺った。

 
動画を再生します

「家族に永く大切にしてもらえる宝物をつくること。」
ハピリィを立ち上げた目的を語る二口氏。

まず、“ハピリィ”というブランドをつくる。

イメージ

happilyフォトスタジオの成り立ちは、いわゆる写真館のそれとは全く異なる。その母体はIT企業だ。ゲームソフトやアプリのように流行に左右されるものではなく、「家族」に永く愛され大切にされるコンテンツをつくりたい。そうした想いから「写真」というコンテンツに着目し、2013年に株式会社ハピリィを立ち上げた。まず最初に取り組んだのは“ハピリィ”というブランドを確立することだった。「我々はこの業界の経験があるわけでもない。新たなフォトビジネスを提案しようとしても説得力がないですよね。だからhappilyフォトスタジオという写真館をつくり、お客さまと向き合ってニーズをつかみながら確実に成果を出していく。そして、お客さまからハピリィなら安心と選んでいただけるブランドを構築しよう。まさにこの3年間はそのために全力で取り組んできました」と二口氏は語る。ブランディングの核となっているのは、表参道店、自由が丘店、そしてこの4月にオープンした横浜みなとみらい店という3つの店舗だ。立地は「誰もが行ってみたいと思うおしゃれな街」という観点から選択。店舗も単に撮影するための場ではなく「そこで過ごす時間のすべてを楽しめる場」として捉え、高感度な子育てママ層を意識した空間づくりを追求している。

イメージ

一生の宝物を家族で共有する“フォトレコ”。

happilyフォトスタジオでは、スタジオを拠点にファンづくりを行う一方、百貨店や人気のファッションブランドなど外部企業とコラボレーションしたイベント撮影会なども積極的に実施している。こうした店舗以外での撮影をビジネスとして成立させているのが、グループのIT企業とともに開発したインターネット写真販売サービス「フォトレコ」だ。撮影した写真をインターネット上に掲載、イベントの参加者のみが当日の写真を閲覧・購入できるシステム。さらにお客さまは自分の「マイページ」に、スタジオで撮った写真やイベント撮影会の写真を保存し、家族や親しい人とスマートフォンなどで手軽に共有できるようになっている。このサービスをイベント撮影会やストリートスナップなどで活用し、同社はスタジオ撮影以外の業績を短期間で大きく伸ばしている。さらに、この「フォトレコ」というシステムを外部に提供。従来の来店型撮影に頼ることなく、自由にフィールドを拡げることができる新しいビジネスモデルを全国のカメラマンや写真館へ広く伝えていこうとしている。

イメージ
 

株式会社ハピリィ

2013年設立。現在、happilyフォトスタジオ表参道店、自由が丘店、横浜みなとみらい店の3店舗を展開。欧米のアンティーク家具を用いたおしゃれな撮影ルームや、家族でくつろげるコミュニティスペースなどが、お客さまから高く支持されている。

写真:株式会社ハピリィ

URL:http://www.happilyphoto.jp/
(株式会社ハピリィのサイトへ)

このページのトップへ