フォトソリューションレポート

ストーリーテラー株式会社 大阪府大阪市

視点を変え、新たな需要を見いだす。

イメージ

普遍性と時代性の両立をつねに大切にしてきたストーリーテラーがいま着目しているのが、急速に増えている外国人観光客の存在だ。日本の文化に関心をもって訪れる外国人観光客に、和装での撮影や日本らしい景観を活かしたロケーション撮影などを気遣いの行き届いたホスピタリティとともに提供する。日本の写真館だからこそ提供できるサービスは、外国人観光客にとってきっと魅力的なものになるにちがいないと考えている。
グランフェリーチェ銀座サロン(東京)が提供している、外国人観光客を対象としたウエディングロケーション撮影もその一例。日本の知られていない魅力とともに二人の幸せを描くロケーション撮影は、海外からの旅行者に好評を得ているそうだ。

イメージ

異なる感性で、刺激し合い、創りだす。

ストーリーテラーは人材戦略もグローバルだ。外国人スタッフの採用を積極的に進めている。「最近、写真や映像、アニメ、デザイン、エンターテイメントなど、いわゆるジャパンクオリティに憧れて日本で働きたいと考える若い外国人の方が増えています。そういう人たちを積極的に採用していこうと考えています。異なる文化のなかで育まれてきた彼らの感性やアイデアは、ともすれば内向きに硬直しがちな我々の発想をポーンと転換してくれることもある。互いに刺激し合いながら、新たなものを一緒に生みだしていく力になってくれると思います」と藤田氏は語る。
中国・南京出身の劉輝氏(写真左)はこの4月に入社、東京・銀座スタジオでカメラマンとして活躍している。トルコ・イスタンブール出身の田中オンジュル・エズギ氏(写真右)は関連デザイン会社エトワスのデザイナー。ストーリーテラーの各種SPツールの制作を担当している。所属の違う2人だが、現在、同社のウエディングブランド“グランフェリーチェ”の海外向けウェブサイトを制作する新プロジェクトに共に取り組んでいるそうだ。

 

ストーリーテラー株式会社

1932年創業。ポートレート部門、ブライダルフォト部門、スクールフォト部門、営業企画部門をそなえ、トータルな映像専門企業として多様なニーズに対応。大阪、東京の自社スタジオの他、全国のホテルと提携し写真室を展開している。

URL:http://www.storyteller.co.jp/
(ストーリーテラー株式会社のサイトへ)

写真:ストーリーテラー株式会社
このページのトップへ