フォトソリューションレポート

有限会社 シイキ写真館  静岡県磐田市

何十年後も、会話ができる写真を。

時を経ても、感動がよみがえってくる。見る人に語りかける力をもった写真で、地域の家族の歴史を記録し、残していく。創業90周年を迎え、写真館が果たすべき役割の重要さを再認識しながら、新たな取り組みを行うシイキ写真館の代表取締役社長の椎木雅章さんに話を伺った。

 
動画を再生します

シイキ写真館の考え方と新店舗ボンフルールについて

販売と情報の多チャンネル化を推進。

90年の歴史を知る磐田本店のスタジオ

90年の歴史を知る磐田本店のスタジオ

長い歴史を持つ写真館だからこそ、人々が写真館に求めるものが刻々と変わり、また多様化していることを敏感に感じとっている。そうした変化に対応するため、シイキ写真館では静岡県西部エリアに複数の店舗を展開。創業90周年の歴史を感じさせるレトロモダンな佇まいの磐田本店ハウス&ガーデン、ホテル内専属写真館のホテルコンコルド浜松店、アミューズメント性にこだわったフォトスタジオアミュー、そしてこの秋にオープンした浜松初の全天候型ロケーションスタジオ・ボンフルール。これらコンセプトや業態の異なる6つの店舗を展開するとともに、情報発信の手段もFacebookやInstagramなどSNSをフルに活用。販売と情報、その両面から多チャンネル化を図ることで、顧客との接点を増やし、個性的な店舗を有機的に連携させている。「お客さまにいろいろな選択肢を用意してあげたいと考えています。そうすることで、たとえばアミューに来ていただいた方が、次は本店やボンフルールで撮りたい、というように一定期間に何回も足を運んでいただける。リピーターを増やすことにもつながると考えています」と椎木さんは語る。

斬新な発想で、新たな価値を創造する。

イメージ

シイキ写真館が多チャンネル化を推進するのは、同社が独自に開発してきたユニークなサービスを地域のより多くのお客さまに提供したいという想いもあってのことだ。
「0円振袖」もそうしたサービスのひとつ。振袖写真を伸ばしていきたいが、振袖自体が高価な買物ゆえ、写真撮影の予算を抑える方が多い。こうした状況を打破したいと考えていた椎木さんが、6年前にスタートさせた。これは成人式当日および前撮り時の振袖レンタルを無料で提供するというもの。サービス開始1年目の振袖レンタル数はわずか10着程度だったが、口コミで年々評判が広がり、6年目の今年は1,000着を達成したそうだ。「このサービスは絶対に喜ばれる。そういう確信がありましたので、これまで基本的なサービスの仕組みを変えることなく続けてきました。良質な振袖を思い切って仕入れ、お客さまのベネフィット優先で迷いなく取り組んできたことが、成功の秘訣といえるかもしれません」と椎木さん。
ほかにも「家族で祝う成人式」といったお祝い会プランや「無料結婚式」など、撮るだけでなく、“感動の場をプロデュースする”という視点からサービスを充実させ、写真館としての付加価値を高めている。

イメージ
 

有限会社 シイキ写真館

1925年創業。現在、静岡県西部エリアにおいて磐田本店ハウス&ガーデンをはじめ、ホテルコンコルド浜松店、フォトスタジオアミューの遠鉄店、愛野店、サンストリート浜北店、そして2015年10月浜松駅前にオープンしたボンフルールの6店舗を展開している。

URL:http://www.shiiki.jp/
(シイキ写真館のサイトへ)

写真:有限会社 シイキ写真館

写真は磐田本店ハウス&ガーデン

このページのトップへ