フォトソリューションレポート

有限会社 シイキ写真館  静岡県磐田市

めざしたのは、写真館のセレクトショップ化。

イメージ

シイキ写真館はこの秋、浜松初の全天候型ロケーションスタジオ「ボンフルール」をオープンさせた。降り注ぐ自然光と高い天井による開放感にあふれた空間。白を基調にヨーロッパの家具を配した室内装飾。そして結婚・振袖写真用の「ウェディング」とお子様・家族写真用の「ファミ」と、撮影対象に合わせて2つのスタジオを設けた特徴的なレイアウトなど。採光、空間デザインにこだわった真新しいスタジオで、椎木さんがめざしているのは写真館のセレクトショップ化だ。「写真、衣装、美容をトータルに提供するだけのサービスは、もはやお客さまに飽きられています。これからは、いわばセレクトショップのような感覚で、髪飾りなどの小さなアクセサリーに至るまですべてのクオリティを高めながら自分たちの感性にこだわって、写真をスタイリングしていきたい。一枚一枚の価値を高め、一生の宝物といえるような作品に仕上げてあげたいと考えています」。

イメージ
お客さまを優しく迎えるボンフルールのエントランス
採光や装飾にこだわったボンフルール ウェディング

業務の効率を高め、顧客満足も向上。

イメージ

ボンフルールのプレゼンルームでは画像管理ソフトDPPSを活用、写真選びを楽しくスムーズに進めている

見るたびに、その時の感動がよみがえってくる。そんな作品を残すためにはカメラの性能も重要だと椎木さんは語る。「いま、誰もがスマホなどできれいな写真が撮れる時代です。だから私たちは、プロとして本当にいい写真、つまり人に語りかけ訴えかけてくるような力のある写真を撮っていかなければならない。当然、道具は品質で選びます。EOS-1DXを使っていますが、このカメラの良さはプロが感じたことを素直に表現してくれるところですね。ありのままを自然に描写してくれるから、生命感のある写真を残すことができます」。
シイキ写真館では、このEOS-1DXに加え、無線LAN、画像管理ソフトDPPSなどから構成されるシステムを全店舗に導入している。無線LANによるコードレス環境はフォトグラファーの創造力を解き放つとともに、お客さまが撮影を楽しめるリラックスした雰囲気を実現。またDPPSは業務の効率化に大きく貢献しているそうだ。「たとえばボンフルールでは2つのスタジオをDPPSで一元管理しているんですね。大切なデータの保存はもちろん、画像のセレクトもストレスなくスムーズに行えるので助かっています。お客さまにとっても、DPPSでの写真選びは快適だと思います」。
自らが理想と考える写真を撮るために、ハードにもソフトにも最良を求める。椎木さんのこだわりが息づくスタジオは、これからも新たな顧客満足を生み出していくにちがいない。

 

有限会社 シイキ写真館

1925年創業。現在、静岡県西部エリアにおいて磐田本店ハウス&ガーデンをはじめ、ホテルコンコルド浜松店、フォトスタジオアミューの遠鉄店、愛野店、サンストリート浜北店、そして2015年10月浜松駅前にオープンしたボンフルールの6店舗を展開している。

URL:http://www.shiiki.jp/
(シイキ写真館のサイトへ)

写真:有限会社 シイキ写真館

写真は磐田本店ハウス&ガーデン

このページのトップへ