フォトソリューションレポート

株式会社 田村写真館 天使の森  栃木県宇都宮市

価値を創造するロケーション撮影。

単に写真を撮るだけの場所ではなく、家族が一日を楽しく過ごしながら絆を深めることのできる場所でありたい。「テーマパークのような写真館」をビジョンとして掲げ、時間と空間を楽しめる店舗づくりを推進する田村写真館 天使の森・代表取締役社長の田名網勝さんに話を伺った。

 
動画を再生します

2020年に向けて、天使の森が描くビジョンとは。

オンリーワンの歓びを届けたい。

イメージ

差別化ではなく、独自化を図る。天使の森の徹底した「オンリーワン戦略」は、その施設に如実に表れている。広大な敷地のなかに、多彩な撮影スタジオや衣裳ルーム、美容室などを擁する施設があり、挙式もできる独立型チャペルがあり、さらには絵本の世界を思わせる中庭まで設けられている。こうした店づくりは、2000年にオープンした1号店小山ルミナスに始まり、2005年の宇都宮ヴィラージュ、2009年の佐野オリヴィエへと発展。現在では年間延べ7,000組以上の家族に利用されているという。
「最初に小山店を作り、広い庭に映画のセットのような小屋を建てたんですね。するとお客さまに非常に喜んでいただけました。ロケーション撮影に対する期待が高いのを実感として得ることができたわけです。写真をただ撮るだけではなく、そのプロセスすべてを楽しんでいただくことが我々の仕事なのだ。そう確信して、家族が絆を深めていただくための時間と空間を作ってきたのです」と田名網さん。天使の森は、顧客が何を求めているかをつねに考えながら、どこにもない楽しさを追求している。

お客さまを想う心を「品質」で形に。

イメージ

撮影という行為を含め、そこで過ごす時間のすべてを楽しめる「テーマパークのような写真館」であるためには、圧倒的なハードとともに、撮影技術、ヘアメイク、着付、接客などソフトの品質を高めることが欠かせない。田名網さんはそう考えている。「お客さまのことを大切にしたいと想う我々の心。それを形にするのが品質。だからこそ我々は品質にこだわります。『技術向上委員会』を設け、各セクションで技術を高める取り組みも進めています。また質の高いサービスを届けようとすれば、撮影もヘアメイクも着付も、すべてに時間もかかってきます。それに加えて、七五三などは最近、衣裳の数が増えています。一着ではなく二着三着。結果的に滞在時間が長くなっている。そういう今の傾向のなかで、お客さまに満足いただくために、ゆっくり楽しんでいただける滞在型の空間にしていこうと考えたわけです」。
この秋には、小山ルミナス内に「焼きたてパン」のお店を建てる予定だという。「ただのパン屋さんではないんです。テーマパークの一部としてパン屋を作ろうと構想しています。我々自身も楽しみにしている企画。ちなみに、焼くのは私です」と田名網さん。効率よりも、品質や満足を追求する天使の森は、滞在型スタジオへと進化し続けている。

 

株式会社 田村写真館 天使の森

1950年創業。天使の森として、小山ルミナス、宇都宮ヴィラージュ、佐野オリヴィエの3店を展開、外販事業部としてスタジオタムラを営業。現在、77名の社員で稼働している。

URL:http://www.angel-forest.jp/
(天使の森のサイトへ)

写真:株式会社 田村写真館 天使の森

写真は宇都宮ヴィラージュ

このページのトップへ