フォトソリューションレポート

株式会社 ハレノヒ 佐賀県佐賀市

「地方」を活かす、ビジネスモデルになる。

ハレノヒは、洗練された感性で惹きつけるスタジオ、町の魅力を発信するロケーション撮影、インバウンドを見据えた施策など、様々な視点から地方写真館の新たなビジネスモデルを模索。写真館業界や地方の活性化に貢献したいと考えている。代表取締役の笠原徹さんに話を伺った。

 
動画を再生します

笠原さんがつくったのは「自分が行きたいと思う写真館」。

人を惹きつける。古民家をリノベーションしたスタジオ。

イメージ
イメージ

作家が手がけた小物などが並ぶ、雑貨屋さんのような店頭

イメージ

アルバム商品は、古木を用いた壁面シェルフに展示

ハレノヒは、佐賀県の歴史的風致形成建造物である旧久富家住宅をリノベーションし、スタジオとして活用している。なぜ、古民家に着目したのか。それは、「古民家=おしゃれ」というイメージを利用することで、ともすれば入りにくいと思われている従来の写真館のあり方をもっと消費者ニーズに寄り添うものに、もっと気軽に立ち寄りたくなるものに変えていこうと考えたからだ。そうした狙いは、店舗のエントランスから表れている。「入口はさまざまな作家が手がけた雑貨などを展示・販売するギャラリースペースにしています。こうすることで雑貨屋さんだと思って入ってきてくれるお客さまがいるんですね。多くの方との接点をふやすための仕掛けです」とハレノヒの笠原さん。そこから店内に入ると、写真館のスタジオとは思えない、懐かしく温かみのある空間が広がっている。天井を高くとった空間設計と、古民家ならではの太くて味わいのある梁や柱を活かした造作によるものだろう。「何だか落ち着きますね、と言ってくださるお客さまが多いです。この雰囲気は大人だけじゃなく、小さなお子さんも感じるようですね。照明だけが並んでいる無機質なスタジオだと、子どもたちは構えてしまうところがありますが、ここでは自然と過ごすことができるみたいです」。

日本情緒あふれる町が、そのままスタジオに。

イメージ

ハレノヒはロケーション撮影も積極的に行っている。佐賀市柳町の長崎街道沿いには明治・大正期に建てられた建造物が数多く残されており、この町全体をスタジオ環境と捉えているのだ。「本物の建物の中で撮影を体験できるのは、お客さまにとっても価値を感じるところであり、ハレノヒで撮りたいと思う魅力のひとつになっていると思います」と笠原さん。
ロケショーン撮影に注力する理由は、もうひとつある。「町の広報」としての役割を果たしたいと考えているからだ。「いい写真を撮れば、お客さまは人に見せたいと思うものです。見せることも喜びですから。それでSNSにこの界隈で撮った写真をアップしてくれる。すると“これ、どこで撮ったの?”、“佐賀にはこんな場所があるんだ”という反響につながっていきます。ロケーション撮影で、お客さまが満足する写真を撮ることは、町の魅力を発信することになると考えています」。

 

株式会社 ハレノヒ

2014年に「ハレノヒ」を法人化。2015年4月に築100年以上の古民家をリノベーションした柳町フォトスタジオをオープン。「小さな写真館にできること。」をテーマに掲げ、地方における写真館の新たな価値や可能性を追求している。

URL:http://halenohi.com/
(ハレノヒのサイトへ)

写真:株式会社 ハレノヒ
このページのトップへ