フォトソリューションレポート

ジュノー株式会社(神奈川県横浜市)

4K切り出しが、アルバムの価値を変える。

ジュノー株式会社は、結婚式場やホテルのパートナー企業として「1組のお客さまの成約に貢献する」ことをビジョンに掲げ、新たなウェディングアイテムの開発や提案に積極的に取り組んでいる。業界に先駆けて具体化した「4Kアルバム」を中心に話を伺った。

 
動画を再生します

4Kアルバムを普及させるジュノーの取り組みについて

自然な表情にあふれた「4Kアルバム」を商品化。

イメージ

スナップ撮影では捉えきれない瞬間も、映像から切り出した静止画を使えばアルバムに残すことができる。その発想を具体化するために、ジュノーはハイビジョンの頃から取り組んできた。
しかし、充分な画質が得られないため、画像を大きくできない。映像商品に比べて、どうしてもアルバムが脇役に見えてしまう。この課題を解消したのが4K動画。高精細な4K動画なら、スチール素材として充分な解像度を持った静止画を切り出すことが可能だからだ。
2015年、ジュノーは業界に先駆けて4Kアルバム「4K Wedding」をリリースした。写真と映像の知識を持ったフォトグラファーがCINEMA EOS SYSTEMを駆使し、挙式披露宴を4K動画で撮影。切り出した静止画を専属のデザイナーが、当日の物語がふくらむような構成を意識しながら、セレクトしレイアウトしている。その場に集う人々が、カメラを意識せずに、笑い、喜び、涙する。ジュノーの4Kアルバムには、そんな自然な表情があふれている。

撮影協力:アニヴェルセル ヒルズ横浜/TAKAMI BRIDAL/ツルミ美容院

4Kアイテムの商品価値をさらに高める。

イメージ

4Kアルバムを新郎新婦、そして結婚式場やホテルにとっても、魅力的なものとするために、ジュノーではその内容をさらに充実させる努力を続けている。「私共では4Kで撮影した同じ素材からムービー商品とアルバム商品を制作していますが、映像で使いたいシーンと写真として使いたいカットはそれぞれに違います。そのため映像部門と制作部門はミーティングを行い、意見交換を重ねることで、理想的なカットが残せるようにしています」そう映像部のヘッドマネージャー滝口佳幸さんは語る。最近では、ポーズ写真のような記念のカットや、チャペルの高い天井を活かしたシーンも残せるよう、動画では難しい縦カットの撮影も導入。カットのバリエーションを拡げることでアルバムの魅力を高めているそうだ。現在4Kアルバムは4Kムービーとのセットで販売。その専用パッケージ(写真下)のデザインも同社が行っている。引き出し型のおしゃれなケースには、4Kデータのほか、ブルーレイ、USBなどのアイテムがすっきり納められるようになっている。

イメージ
 

ジュノー株式会社

1983年設立。横浜本社を拠点に全国に支社を展開するウェディングクリエイティブカンパニー。
結婚式の映像・写真・音響・演出のトータルプロデュースをはじめ、式場のブランディングや集客・成約のためのPRや販促活動にも携わっている。

URL:http://www.junowedding.jp/別ウィンドウが開きます
(ジュノー株式会社のサイトへ)

写真:ジュノー株式会社
このページのトップへ