フォトソリューションレポート

ジュノー株式会社(神奈川県横浜市)

クリエイティブな提案で、ブライダルニーズに応える企画部。

イメージ

ジュノーは、写真、映像、音響、演出の4部門でウェディングをトータルにプロデュースする一方、集客率、成約率を高めるための活動も行っている。それを中心で担うのが、クリエイティブに特化した5つめの部門、企画部だ。コピーライター、デザイナー、映像クリエイターが所属。紙媒体、Webサイト、映像などクロスメディアで、PRや販促に貢献する企画立案、制作を行っているが、その強みは何といっても現場を知っているという点にある。4つの部門を通して現場の最新の情報やニーズを把握できるから、課題解決に直結する具体的な提案が可能なのだ。その取り組み姿勢やこれまでの実績が評価され、最近では、式場のコンセプトづくり、ブランディングからプロモーションに至るまでトータルにまかされる事例が増えてきているそうだ。
また日本全国の式場、ホテルと提携するジュノーでは、各支社の営業担当と企画部が中心になって「地域性」を考慮した提案も行う。例えば熊本支社では、お客さまの約7割が前撮り撮影を注文する。そこで撮影のバリエーションを広げるため、プロップスなどの小物をオリジナルで用意したり、前撮り写真によるウェルカムボードなど当日に飾れる商品アイテムを充実させるという取り組みも行っている。

式場の魅力を、写真の力で伝えるエージェントブック。

イメージ

集客・成約ツールとして好評を得ているものに、ジュノーが「エージェントブック」と呼んでいるアイテムがある。これは結婚式場やホテルなどをカップルに紹介するブライダルエージェント向けに制作されたもの。バンケットや料理の写真がA3サイズの紙面に大きくレイアウトされ、会場のアピールポイントが一目でつかめるようになっている。
「お客さまは、やはり写真をたくさん見ることでイメージをふくらませる方が多いです。ですから、パラパラッと目を通していただくだけでも“この会場なら、こんな結婚式が挙げられる”と感じていただけることを意識して制作しています。最近では式場のプランナーさんにとっても説明しやすいということで、接客ツールとしてもご活用いただいています」と企画部の武田真由美さん。式場の視点と新郎新婦の視点。両者の視点からニーズに応える企画やクリエイティブを追求しているからこそ、ジュノーのウェディングアイテムは支持されているのだろう。

掲載協力:ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋

イメージ
 

ジュノー株式会社

1983年設立。横浜本社を拠点に全国に支社を展開するウェディングクリエイティブカンパニー。
結婚式の映像・写真・音響・演出のトータルプロデュースをはじめ、式場のブランディングや集客・成約のためのPRや販促活動にも携わっている。

URL:http://www.junowedding.jp/別ウィンドウが開きます
(ジュノー株式会社のサイトへ)

写真:ジュノー株式会社
このページのトップへ