フォトソリューションレポート

スタジオエミュ(兵庫県神戸市)

フォトスタジオを憧れの存在に。

若い世代が憧れるようなフォトスタジオを創りたい。スタジオエミュの河田年弘さんは業界の常識にとらわれることなく、自らの感性を信じ、新たなビジネスモデルとして注目されるような写真館をプロデュースしてきた。その想いを神戸旧居留地店で伺った。

 
動画を再生します

スタジオエミュがめざす写真館について

愛する街をモチーフに、店を発想する。

イメージ

兵庫県内において現在6店舗の写真館を展開するスタジオエミュ。その店づくりの原点には、代表の河田年弘さんが若き日に観た映画の中の“かっこいいフォトグラファー”の姿がある。手持ちで自在に動きながらポートレートを撮影する。その姿やその作品が、人の心を惹きつけるようなフォトグラファーであり、フォトスタジオでありたい。そうした想いを持ち続けてきた河田さんは、すべてを自由に発想し、独自のスタイルを構築してきた。
その核となるのが、一店一店、異なるテーマに基づく店舗施設だ。「地域密着型の経営だからこそ出店する地域を愛していることが大前提。その地域の街並みや空気感、住む人の人柄などからテーマを設定して店づくりを進めています」と河田さんは語る。たとえば2016年にオープンした最新の店舗、神戸旧居留地店は、洋館の佇まいを残す街の雰囲気から「ニューヨーク」をテーマに。SOHOの倉庫を思わせるスタジオ。ジャズが聞こえてきそうなエントランス空間。さらにメイク室、トイレに至るまで、「ニューヨーク」から発想した装飾が施されている。「数多く店を出すことが目的ではない。自分が行きたいと思える店、自信をもって“いいでしょ”と薦められる店にしたいから、こだわってつくっています」。

アルバムの高価値化にこだわる理由。

イメージ

データのみを希望するお客さまが増えるなかで、スタジオエミュはアルバムを積極的に勧めている。プロのフォトグラファーが切り撮っていく自然な表情。その一枚一枚をデザイン性やストーリー性を重視しながら丁寧にまとめたアルバムは、家族にとって間違いなく大切な宝物になると確信しているからだ。また、高価値なアルバムを提供することは、他店との差別化や収益性の向上にもつながる。これからの写真館ビジネスにますます不可欠なものと考えているのだ。
アルバム販売に注力するスタジオエミュでは、撮影時間を短縮し、じっくり写真を選んでいただけるようセレクトに時間を割いている。こうしたワークフローを支えるのがEOS一眼レフだ。優れた機動力、描写力は、約10分程度の撮影でも、数多くの自然な表情を美しく鮮明に残すことを可能に。また、質の良いJPEG画像は後処理の必要がほとんどなく、業務の効率化にも貢献している。

イメージ
 

スタジオエミュ

株式会社エミュは1998年設立。スタジオエミュ西神戸店、加古川店、大久保店、須磨パティオ店、神戸旧居留地店、アンエミュ芦屋と、現在兵庫県内において6店舗のフォトスタジオを展開している。

URL:http://studioemu.net/別ウィンドウが開きます
(スタジオエミュのサイトへ)

写真:スタジオエミュ

写真は神戸旧居留地店

このページのトップへ