フォトソリューションレポート

岡村写真工房セピア(北海道札幌市)

時代を突き抜ける写真館へ。

時が経てば経つほど、お客さまにとって大切な宝物になるような写真を撮ってあげたい。だからこそ岡村写真工房セピアは、いまを生きる家族のありのままの姿を撮り続ける。そして、これからもその独自の撮影スタイルを変わることなく貫き、さらに磨いていきたいと考えている。

 
動画を再生します

写真への想いを語る岡村マサルさんと拓也さん

飾らない。普段着の家族写真にこだわる理由。

イメージ

岡村写真工房セピアは、業界関係者と一般消費者の評価で選ばれる写真館のコンテスト「第2回写真スタジオアワード」でグランプリを受賞し、2017年話題になった写真館だ。代表の岡村マサルさんが大切にしているのは、写真のなかに個性や時代を映し込むということ。だから写真の背景などにその時代を感じさせるものを同時に映すことができるロケーション撮影に力を入れ、また衣装も借り物ではなくその人がいま気に入っている自分自身の服で撮ることにこだわっている。
「写真館も多様化して、お客さまの選択肢が増えている。それはいいことだと思う。そんななかでうちは、ただかっこいい、可愛いだけの写真ではなく、家族がその写真を見るたびに多くの想いや記憶がよみがえってくるような写真を撮ってあげたい。だから、自然体にこだわった撮影スタイルを変わらず貫いていきたいと思います」。写真を撮りに来たお客さまの想いを描写し、いつまでも残しておきたくなるアートな一枚として形にする。そんな撮影現場で活躍するのが、EOS-1D XをはじめとするEOSシリーズ。「いつも動きながらの撮影だから、出会った瞬間を逃さずシャッターが切れることが大事。そういう意味でキヤノンの圧倒的なスピード感と機動力はいいなと思っているところですね」と岡村さんは語る。

イメージ

自分の言葉で話す。マニュアルのない接客。

イメージ

同社は、撮影だけでなく、接客も自然体だ。「うちにはいわゆる接客マニュアル的なものはありません。マニュアルに則ったような、かしこまった喋り方や応対をする必要はない。常々、自分の言葉で話そう、と言っています。だからスタッフはそれぞれお客さまのことを考えながら、自分なりの説明の仕方で、自分が好きだと思う写真をさりげなく提案しています」と岡村さん。
また、お客さまが過ごしやすいよう店内の雰囲気づくりにもこだわる。あえて程よく散らかしているのだそうだ。「たとえば撮影後にお客さまに待っていただくスペースがありますが、あまりきちっと片付けられていると、お客さまも落ち着かないと思う。最初からちょっと散らかしておけば、子供たちも遊びやすく親もあまり気をつかわなくていいんです」。初めて来店されたお客さまもゆっくり過ごせるような親しみやすい雰囲気や関係をつくる。そんな気づかいも、写真スタジオアワードで評価された理由のひとつかもしれない。

イメージ

お客さまとの関係づくりを大切にしている岡村写真工房セピアを象徴するものがある。それが「足あと帳」。撮影の最後に、お客さまご家族とスタッフ全員で集合写真を撮り、そこにコメントを書いていただく。2010年頃から始めたこの足あと帳は、現在では約80冊にも及ぶという。「何を書いてもいいんです。お子さんだったら、自分の目標を書いたりしますね。これを書いていただくことで、お客さまといろいろ会話ができる。仲良くなれるんですよね。お客さまもコメントを書いた後には自分で写メ撮って記念にされています」と、過去の足あと帳を繰りながら語ってくれた。

イメージ
 

岡村写真工房セピア

2001年創立。「より自然に、よりアートに。」をコンセプトに、今をありのままに残す家族写真を追求。その撮影スタイルや接客などが評価され、第2回写真スタジオアワード・グランプリを受賞。

URL:www.photo-sepia.jp/別ウィンドウが開きます
(岡村写真工房セピアのサイトへ)

写真:安藤写真館
このページのトップへ