フォトソリューションレポート

岡村写真工房セピア(北海道札幌市)

お客さまとのコミュニケーションを深める写真展企画。

イメージ

写真展『25℃』は、“何の記念でもない夏の日にロケーションで写真を撮ろう”という趣旨で2001年から始めた企画。5月から7月の間に撮影し、8月のお盆の時期の3日間に店内で写真展を開催している。「例年5月1日の9時に受付を始めるのですが、この日は予定を空けて必ず電話をかけてきてくれるお客さまがいるので、先着100組の定員も1時間半位でいっぱいになります」と岡村さん。
写真展の初日にはライブやマジックショーなど嗜好を凝らしたオープニングパーティを行っているが、今年は200人を超えるお客さまが来場し、スタジオで撮る集合写真には全員が入りきらなかったそう。単なる写真展ではなく、店と顧客の絆を深めるお祭り的なイベントとなっているのだ。
写真展やパーティの模様は一眼ムービーで撮影し、SNSにアップしている。「うちでは広告活動を一切行っていませんが、写真展『25℃』に関する情報提供は唯一の広告といえるかもしれませんね。人を集めたいわけではなく、この写真館は楽しそうだなというのが伝わればいいと思っています」。年に一度のイベントをファンづくりに役立てている。

イメージ

親の気持ちで「欲しい商品」を企画する。

生まれてから歩くまでを記録する写真集「はじめの一歩。」

イメージ

もし自分が親だったら、どんな写真やアルバムを欲しいと思うだろうか。子供にはどんなものを残してあげたら喜んでくれるだろうか。岡村さんはそんなふうに親の気持ちになって商品を企画しているそうだ。
写真集「はじめの一歩。」もそうした商品のひとつ。赤ちゃんが産声あげてからよちよちと歩き出すまでは、成長も早く、表情も豊かになる時期。だからこそ、たくさん写真を残してほしい。そんな想いから、一年間は何度でも撮影ができ、一冊の写真集にできるという商品を具体化した。「始めた当初は撮影回数を4回にしていたのですが、お客さまの都合もあるのでしょうか、うまくタイミングが合わないと来なくなってしまう方がいたんです。それなら『何回でもどうぞ』というスタイルにしようと。これまで最高で19回も撮りにきてくれたお客さまがいます」。これ以外にも、表紙に子供の年齢や結婚の年数など数字だけをタイトルとして入れた「NUMBER」や、入学した小学校へ通う様子を撮影する「通学路」など企画性に富んだ商品が多い。
また近年、写真館業界では写真集タイプやデザインアルバムを重視し台紙商品を廃止するところも少なくないが、岡村写真工房セピアは台紙タイプに注力しオリジナル商品も用意している。それが、倉敷産の高品質な和製デニム生地をカバー素材として用いている「THE DAISHI」。お客さまが台紙に入れようと思う写真は永く残したい写真。だからこそ岡村さんは触れるほどに、年を経るほどに、味わいが増してくるデニムにこだわり、自ら生地メーカーと交渉し、オリジナルの台紙を創り上げた。時代を突き抜けていく写真館をめざす岡村写真工房セピアらしい商品だ。

イメージ
 

岡村写真工房セピア

2001年創立。「より自然に、よりアートに。」をコンセプトに、今をありのままに残す家族写真を追求。その撮影スタイルや接客などが評価され、第2回写真スタジオアワード・グランプリを受賞。

URL:www.photo-sepia.jp/別ウィンドウが開きます
(岡村写真工房セピアのサイトへ)

写真:安藤写真館
このページのトップへ