フォトソリューションレポート

佐直写真館 山形県東根市

ずっと残したくなる宝物を。

イメージ

地域と歩んでいく写真館として大切なのは、プロとしての確かな撮影技術でその人らしさその家族らしさを温かく描き、ずっと残したくなる「宝物」のような写真を提供すること。そう考える佐直写真館の代表取締役・フォトグラファーの佐直和春さんに話を伺った。

 
動画を再生します

写真への想い、地域への想いを語る佐直和春さん

“赤ちゃんからお年寄りまで。家族の物語を撮り続けたい。

イメージ

山形県東根市は、県の中央部、村山盆地に位置し、東は仙台市、南は山形市、天童市に隣接する自然豊かな都市だ。佐直写真館はこの東根市で1957年に創業。代表を務める佐直和春さんが修業から戻ったのを契機に2005年に現在の場所へと移転し、スタジオ撮影を中心とした営業形態に切り替えている。
「東根市は人口は4万人。県内では合併などをせずに唯一人口が増えている市です。この商圏規模で写真館がうちの他に4店舗、スタジオを持つ衣裳店もあります。写真館がたくさんある分、写真を撮る家族がもっと増えるといいなと期待しています。現在のスタジオは2005年にオープン、歴史が浅いので、うちはまだお子さんの撮影が多いです。地域に密着して展開していく写真館としては、生まれたばかりの赤ちゃんからお年寄りまで、家族の歴史に寄り添ってお付き合いできる写真館になりたいと思っています」。そう語る佐直さんがめざすのは、お客さまが“ずっと残したくなる宝物のような写真”だ。「家族写真や記念写真のスタイルも時代によって変わってきています。だから当然、新しいことに挑戦するのも大事ですが、しっかりとした撮影技術に裏打ちされた写真表現でないと、ただ形だけ流行を追ったものになってしまう。そういう写真って、何年かして見返すと、ともすると気恥ずかしさを感じたりすると思うんです。いま見ても、何年後何十年後に見返しても、家族の心を温かくする宝物のような写真をお届けしたいと思います」。

山形の魅力を県の内外に発信する、ユニークな撮影企画。

イメージ

佐直写真館は、通常の写真館業務に加え、地域の貸衣裳店や観光施設等と協力し、オリジナルの撮影企画に取り組んでいる。そのひとつが「銀山温泉ロケーションフォト」だ。銀山温泉は木造三層四層の旅館が軒を並べる山形有数の温泉街。ガス燈に照らされたノスタルジックな街並みで撮る和装ウエディング写真は、このロケーションだからこそ残すことのできる情緒豊かな作品となっている。貸衣裳店ソルテールが提供しているこのプランは、全日本ブライダル協会が地域の特色を新しい感覚で活かしたウエディングプランなどを協会の推薦商品として認定する「ふるさとウエディング商品」にも選ばれている。
乗馬クラブの山形馬事センターとともに行っている「馬事フォトウエディング」は、山形の名所を舞台に白馬に乗って撮影するという企画。その第一回は、大正初期の洋風建築を代表する国指定重要文化財の文翔館(旧県庁舍及び県会議事堂)で行われた。撮影時には見物人も集まり、山形新聞でも報道されるなど話題になったそうだ。
「東根市をはじめ山形の人が喜んで面白がってくれればいい。そう思っていろいろなことに取り組んでいます。そしてそれが結果として、山形の魅力を県内だけでなく県外にもアピールすることにつながればいいと思っています」と佐直さん。

 

佐直写真館

1957年創業。現代表の佐直和春氏は3代目。お客さまに対する「やさしさ」や撮影することの「楽しさ」、さらには撮影技術や写真表現の「クオリティ」を大切にした写真館を追求している。

URL:http://www.sajiki.com/別ウィンドウが開きます
(佐直写真館のサイトへ)

写真:安藤写真館
このページのトップへ