• メッセージ
  • ポートレートフォト
  • ポートレートムービー
  • 動画でわかる無線LAN
  • 動画でわかるDPPS
  • EOS DIGITAL製品情報
  • EF LENS製品情報
  • Pro Photo Talk
  • 日本全国ポートレートムービー作品集
  • New Photography Style
  • 日本の新しい写真館
  • お問い合せ

日本の新しい写真館

10 愛知県名古屋市 スタジオ ノーブレム

映画のように、きみを撮りたい。

東山公園に面した大通り。そこから一本入った閑静な住宅街に一見カフェと見紛うような外観の写真館、スタジオ ノーブレムがある。同店の新しさは、すべてに「上質」を追求した独自のコンセプトと「動画」の広がりを見据えた本格的な取り組みにある。動画撮影を前提に設計されたスタジオで、静止画と動画を融合させた撮影スタイルを実践しているのだ。店長でありフォトグラファーである伊藤太一氏とムービークリエイターの林浩司氏に話しを伺った。

 
動画を再生します

目指したのは、「写真業界のスターバックス」

写真館の新しいあり方を模索するなかで、スタジオ ノーブレムがイメージしたのは「写真業界のスターバックス」である。つまり、手の届かない「高級」ではなく、気軽に味わえる「上質」なサービスを提供できれば、より幅広い層に受け入れられると考えたのだ。心に残る写真を撮ること。そのうえで、そこで過ごした楽しさや喜びがいつまでも余韻として残る。そんな写真館を目指している。

美しく、ドラマチックに。映画のワンシーンのような作品を。

「上質」というコンセプトをお客さまにわかりやすく伝え、定着させていくために、同店では【映画のワンシーンを写真で表現する】という指針を立てている。「平板な記念写真ではなく、雰囲気のある写真を撮ってあげたいと考えています。だから、椅子やテーブルといった家具や小物を被写体との間に配置して、前ぼかしなどを多様化して立体的に表現しています。こういう撮影を行ううえで、EOS 5D Mark Ⅱは、ハイライトやシャドーのディテールがすごくきれいで、美しく立体感が出せるので重宝しています。レンズも、発色性がいいのはもちろん、開放にしていてもピントがシャープにくるのがいいですね」と伊藤氏は語る。

イメージ

微妙な風合いにもこだわる。映画のプロが造り込んだスタジオ。

ゆったりとした時間の流れの中で、会話を楽しめる。そんなおしゃれなカフェをイメージして、同店はデザインされている。内外装の造り込みは、映画のセットを製作している会社に依頼。例えば壁面の塗装の微妙な風合いによっても、作品に映る空気感が異なってくるからだ。また、インテリアはカメラマンの目線で積極的に変えているそうだ。「写真を構成するうえでポイントがほしいと思ったらアイテムを加えたり。お客さまがいつ来ても新鮮なスタジオにしたいですね」と伊藤氏。

画像をクリックしてください。

Studio Noblem.M (スタジオ ノーブレム)

スタジオ ノーブレム(愛知県名古屋市千種区)は平成23年11月にオープン。昭和2年創業という歴史を持つミカサ写真館が、新ブランドの写真館として立ち上げたものである。現在フォトグラファー2名、ムービークリエイター2名、コーディネイター1名という編成で、写真と動画を融合させた新しい形のサービスを提供している。

写真:Studio Noblem.M (スタジオ ノーブレム)
このページのトップへ