• メッセージ
  • ポートレートフォト
  • ポートレートムービー
  • 動画でわかる無線LAN
  • 動画でわかるDPPS
  • EOS DIGITAL製品情報
  • EF LENS製品情報
  • Pro Photo Talk
  • 日本全国ポートレートムービー作品集
  • New Photography Style
  • 日本の新しい写真館
  • お問い合せ

日本の新しい写真館

20 東京都渋谷区 伊勢丹写真室「アレーズ」

写真館を、こえていこう。

伊勢丹写真室「アレーズ」は、2014年4月、恵比寿ガーデンプレイスにオープンした。この真新しいスタジオで、店長の堀達朗氏は従来の考え方や営業スタイルにとらわれることなく、新たな商品やサービスを自由に模索している。一人ひとりの満足を何より大切に考え、発想する堀達朗氏に話を伺った。

 
動画を再生します

その人の、いちばんを。

「アレーズ」という店名はフランス語で「くつろいで」という意味だが、この名前はまさに同店のコンセプトでもある。ゆっくりくつろいでほしいという想いだけでなく、時間をかけてそのお客さまにとっての満足を提供したいという同店の考え方も込められている。たとえば撮影場所や写真の質にこだわる方もいれば、衣装にこだわる方もいる。一人ひとり、写真館に望むことは同じではない。だから、そうした要望を丁寧にお聞きし「できるかぎりのことをしてさしあげたい」というのが堀氏の考えだ。

ここでしか撮れない、ロケーション写真。

イメージ

アレーズが立地する恵比寿ガーデンプレイスは、商業施設、ホテル、オフィスビル、大規模マンション、美術館などから構成される複合施設だ。ドラマにもしばしば登場するこの街でのロケーション撮影は、アレーズの魅力のひとつになっている。「広告やウェブサイトなどで紹介していますが、ここで撮れるということに興味を持って問い合わせをされてくる方がいらっしゃいます。記念写真だけでなく、ご紹介用のポートレートを撮りたいという方も多いですね」と堀氏。都心にありながら緑豊かな環境に、ヨーロッパを思わせるようなクラシックな建物や、特徴的なアーチ屋根や広場などあり、撮影ポイントには事欠かない。洗練された周辺環境を最大限に活かして、独特のロケーション写真を提供している。

イメージ

個性が見える。4人のフォトグラファー。

アレーズではフォトグラファーの個性を重視している。誰が撮っても同じような写真を提供するのでは、写真表現にこだわりを持つお客さまの満足を得られないと考えているからだ。「私たち伊勢丹写真室には、長い歴史のなかで磨いてきた撮影の手法や振り付けの技術があります。フォトグラファーはそれらを基本として身に付け受け継ぎながら、そのうえで一人ひとりがより積極的に個性を打ち出した撮影を行っていきたいと考えています。ポーズの付け方も、ライティングの表現も、お客さまとの接し方も、フォトグラファーによって当然違う。それが商品として表れたほうがいい。写真からフォトグラファーの顔が見える写真館にしていきたいと思います」と堀氏は語る。

各フォトグラファーの作例

イメージ
画像をクリックしてください。
  • イメージ
  • イメージ

伊勢丹写真室「アレーズ」

「アレーズ」は、80年の歴史をもつ伊勢丹写真室が2014年4月恵比寿三越にオープン。新たなサービスを積極的に導入。4名のフォトグラファーをはじめ、現在10名のスタッフが活躍している。
URL:http://ebisu.mitsukoshi.isetan-photo.co.jp/
(伊勢丹写真室「アレーズ」のサイトへ)

写真:伊勢丹写真室「アレーズ」
このページのトップへ