ビジュアルコミュニケーションAVerビデオ会議SVCシリーズ 多地点機能プレゼントキャンペーン

AVerビデオ会議SVCシリーズ 多地点機能プレゼントキャンペーン キャンペーン期間:2018年7月2日(月)から12月27日(木)まで

キャンペーン内容

期間中、SVCシリーズ対象機種をご購入のお客さまに、多地点接続機能を2拠点分無償で追加してご提供致します。

SVC100:通常2拠点→4拠点モデルに! SVC500 6拠点モデル:通常6拠点→8拠点モデルに! SVC500 12拠点モデル:通常12拠点→14拠点モデルに!
通常:3拠点以上での会議を行う場合は必ずSVC500拠点を介する必要があり他の拠点は2拠点間会議しかできません。→キャンペーン期間中:さまざまな組み合せで3拠点以上での会議を複数同時に開催可能です!さらに将来あと2台追加し、合計8拠点での会議が可能となります。
デモ機も多数ご用意しております。この機会にぜひご検討ください!

SVCシリーズはこんなに便利!

Skypeを含む計16拠点までの多地点接続!

SVC500を開催拠点として、SVC100やEVCシリーズなどのAVerビデオ会議端末だけでなく、Skype for businessからの会議参加が可能です。

本社:SVC500を開催拠点→支社:SVC100 / EVC150など/営業所/自宅:Skype for Business/外出先:Skype for Business

カメラ2台の映像と2つの資料を同時に表示可能!

SVCシリーズにカメラを2台、PCや書画カメラなどを2台接続し、映像を送信することができます。
また、受信映像はモニター2枚に出力することができますので、広い部屋での会議やさまざまな資料を共有しながらの打ち合わせもスムーズに行うことが可能です。
AVer WebカメラVC320はセカンドカメラとしておすすめです。

SVC500 / 100→(接続)VC320 / PC/書画カメラ→(映像を送信)モニター:カメラ映像/プロジェクター:資料映像

会議のライブ配信が可能!

SVCシリーズから会議映像・音声を、簡単にYouTubeにアップしライブ配信することが可能です。
セミナー、朝礼、社長訓示、商品学習会、遠隔講義など、幅広い用途にご利用いただけます。

SVC500 / 100→(映像・音声データ転送)YouTube LIVE→(ライブ配信)PC・タブレットなど 視聴者は、ブラウザーを通してビデオ会議の映像・音声を視聴

本体、またはUSBメモリーへワンタッチ録画!

32GB

USBメモリーへの録画はもちろん、SVCシリーズ本体に32GBの録画ストレージを内蔵。
専用再生ソフトウエアVCプレーヤーを使って、Quick Time形式へ変換、再生時にレイアウト変更も可能です。

本キャンペーンに関するお問い合せ、
デモのご要望、お見積もりのご依頼はこちら

このページのトップへ