業務用4KディスプレイDP-V2410操作性

4K撮影現場のもっと近くに 業務用24型4Kディスプレイ DP-V2410

撮影環境における使いやすさを追求

操作部

ボタンやダイヤルをディスプレイコントローラーCL-01と同様に配置。ジョグダイヤルを装備することで、優れた操作感を本体のみで実現しました。また、表示やボタンは自照式とし、暗所での視認性と操作性も確保しています。さらに、本体から離れた場所で操作を行う場合は、LAN端子でDP-V3010付属のディスプレイコントローラーCL-01を、USB端子ではカラーグレーディングコントローラーを接続可能です。

写真:操作部

OSD

イメージ:OSDメニュー

OSDメニューは、DP-V3010の操作性を踏襲しつつ、視距離を考慮してサイズを最適化。3階層を一覧できる画面構成と、設定値が分かりやすいグラフィックを採用しています。また、オンセット用に追加した各種情報(波形モニター、ベクトルスコープ、オーディオレベルメーター、カメラ情報など)も見やすく、かつ極力映像の妨げにならないよう表示サイズ・レイアウトに配慮しています。

OSDポジション

表示する映像の解像度に応じて、OSDの位置を変えることができます。4096×2160と3840×2160の2つのモードがあります。

ファン停止

カメラ撮影時にディスプレイのファンを一定時間停止するモードを搭載※。 業務用カメラと連動し、録画時にファンを停止させることができます。スタジオなど静かな撮影現場でのファンの音が気になる場合に有効です。

入出力端子

撮影現場での使いやすさを考慮して各端子を配置。前面にヘッドホン端子、USB端子を装備。背面に3G/HD-SDI、HDMI、LANの各端子を備えます。

写真:入出力端子

その他の機能

Canon Log3対応

ファームウエアはこちらよりダウンロードください。ファームウエアアップデートへ

Canon Log/Canon Log 2に加え、最新のCanon Log 3ガンマに対応。撮影した映像をモニタリングに適した階調特性に変換して表示・確認できるほか、HDR表示のあり/なし切り換え、比較表示などが可能です。

●Canon Log/Canon Log2対応 ●3G-SDIとHD-SDIの自動切り換え ●LUT消去機能 ●タイムコード表示 ●モノクロ ●ブルーオンリー●レッド/グリーン/ブルーオフ ●Hディレイ/Vディレイ ●テストパターン表示 ●カラーレンジ設定 ●I/P変換設定 ●PsF設定 ●Payloadがない信号のPsF変換 ●バックライトスキャン設定 ●設定エクスポート/インポートほか

このページのトップへ