業務用4KディスプレイDP-V2411特長

高輝度表示と12G-SDI端子で4K HDR映像確認の撮影現場を効率化 業務用24型4Kディスプレイ DP-V2411

安定した高輝度表示

より正しい輝度や色で4K/HDR映像を確認

600cd/㎡(最大輝度・全白輝度)、さらに「ブースト オン」選択時は1000cd/㎡までの高輝度表示が可能です。HDR映像確認で必要なダイナミックレンジを十分にカバーし、正確な階調・色を確認できます。また、液晶ディスプレイでありながら黒輝度浮きを低減。高いコントラスト性能を実現しています。

安定した高輝度表示

DP-V2411

画像:DP-V2411 入力信号に応じた輝度を安定して表示

一般的なHDRディスプレイ

画像:一般的なHDRディスプレイ 明部面積が増加すると輝度が低下

画面全体の平均輝度が高くなった際の画面輝度低下など、シーンの明るさによる輝度の変動を抑制。安定した高輝度表示を実現しました。天候や照明、構図の変化などに関わらず、入力信号に応じた正しい輝度と色で4K HDR映像を確認することが可能です。

豊富なインターフェース

12G-SDI端子

画像:12G-SDI端子

12G-SDI端子(IN/OUT各4個)を搭載。3G-SDI端子では4本のケーブルを必要とした4K/60P映像の入出力が、12G-SDI対応ケーブル1本で可能です。ケーブルを抜き差しすることなく、信号を切り換えることで4系統の4K/60P映像を表示でき、映像確認の効率が向上します。また、機材の増加を抑制できることで、設置の手間やコストの削減、省スペース化にも貢献します。

HDMI端子

画像:HDMI端子

HDMI端子を搭載。4K/60P映像をケーブル1本で入力・再生できます。また「SMPTE ST 2086」のHDRメタデータの表示にも対応しており、コンテンツ内の輝度などHDR映像確認に欠かせない情報の確認が可能です。

REMOTE端子/LAN端子

画像:REMOTE端子/LAN端子

スイッチャーからの制御が可能なREMOTE端子を搭載。外部機器からの操作によって画面上にタリーをOSD表示することも可能です。また、専用コントローラCL-01(別売)や外部機器からのコントロールが可能なLAN端子も搭載しています。

DC電源入力(XLR端子)

画像:DC電源入力(XLR端子)

DC 24V駆動に対応。汎用性に優れたXLRコネクターを採用しています。AC電源を確保できない屋外などでの撮影でも映像確認が可能です。

HDR映像確認アシスト機能

各種EOTFに対応

図:グラフ

放送向けのHDR方式「Hybrid Log-Gamma」、映画制作や配信向けのHDR方式「PQ※1」、キヤノン独自のLogガンマ「Canon Log/Log 2/Log 3」など、各種EOTF※2に対応しています。

  • ※1PQ:Perceptual Quantizer
  • ※2EOTF:Electro-Optical Transfer Function

波形モニター

各種HDR信号に応じたスケール(単位)表示に対応。「Hybrid Log-Gamma」や「PQ」に沿って信号の輝度レベルを確認できます。また、モニター右側にHDRレンジに連動するグレーバーも表示。波形を確認しながら映像の階調も同時に確認でき、映像制作の効率が向上します。

画像:波形モニター

フォルスカラー

画像:フォルスカラー

「Hybrid Log-Gamma」や「PQ」に対応したHDR対応のフォルスカラーを搭載。 入力輝度の信号に応じて異なる色で着色表示します。 HDRレンジと連動させることで、 HDR撮影における露出状態を視覚的に見やすくし、また、着色部分をグラデーションで表示するため、 輝度レベルをより視覚的に確認することができます。

2画面表示

画像:2画面表示-1 <使用例>左:HDR映像、右:SDR映像
画像:2画面表示-2 <使用例>左:HDR映像、右:フォルスカラー表示+波形モニター表示

4K映像信号1系統、もしくは2系統の2画面表示が可能です。HDRとSDRの比較表示や、HDRとフォルスカラー/波形モニター表示などを並べて表示でき、4K HDR映像確認の効率化に貢献します。

カメラ連携機能

カメラメタ情報表示/画質連動機能 CINEMA EOS SYSTEM ARRI社カメラシステム

カメラのメタ情報を取得し、その内容を表示。さらに、取得したメタ情報に基づき、自動的にディスプレイの設定を切り換える画質連動機能を搭載。逐一ディスプレイの設定を切り換える手間がありません。さらにARRI社カメラシステムでは、カメラのマーカーサイズ連動して、ディスプレイに表示されるエリアマーカーのサイズも自動調整します。

4K RAW対応 CINEMA EOS SYSTEM

CINEMA EOS SYSTEMのカメラと3G-SDIケーブルで接続することにより、CINEMA EOS SYSTEMのカメラで撮影した4K RAW映像をディベイヤーし、モニタリングが可能です。外部ディベイヤー機器が不要で、機材の削減や撮影の効率向上に貢献します。

優れた機動性

小型・薄型設計

4K HDRディスプレイでありながら、業務用FHDディスプレイを思わせる幅と高さ、薄さを実現しました。映像制作の妨げにならないノイズレスデザインと相まって、オンセット環境にも違和感なく収まります。

図:小型・薄型設計-設計図

可搬性

画像:可搬性

業務用ディスプレイに求められる堅牢性を確保しながら、軽量化も追求。約12kgという軽さで、撮影現場の移動にも少ない労力で対応できます。また、モニターケースからの出し入れを容易にするキャリングハンドル(着脱式)も備えており、オンセットでの機動的な運用が可能です。

このページのトップへ