一眼レフカメラ 動画ソリューションEOS 5D Mark IV EOSムービー4K

タッチAF搭載。機動力の4K・EOSムービー。EOS 5D Mark IV 4K

4K(4096×2160)の内部記録を実現

ロゴ:4K EOS MOVIE

ついに“5D”が、4K(4096×2160)の内部記録を実現。1080/60Pや720/120Pのハイフレームレート動画の記録ができるほか、映像制作に適したMOVや、汎用性の高いMP4も選択可能。プロの映像制作を機動力で強力にサポートする、4K・EOSムービーを搭載した一眼レフカメラです。

  • 1920×1080時。

5Dシリーズで初めて4K撮影機能を搭載。

4K(30P/25P/24P)での動画撮影が可能。また、デジタルシネマの標準規格(DCI)に対応した動画記録も可能。CMOSセンサー上の4096×2160のエリアをドット・バイ・ドットでクロップして記録します(レンズ表記焦点距離に対する有効撮影画角は約1.74倍となります)。

4Kフレームが切り出し可能。約880万画素の静止画に。

EOS 5D Mark IVで再生中、4K動画の1フレームを約880万画素(4096×2160)の静止画として切り出し、JPEGで保存可能。秒間で約30コマの静止画から、決定的な1枚を選び出すことができます。写真素材としてだけでなく、4K撮影時のピントチェックにも役立ちます。

薄暗いシーンでもクリアで美しい映像に。
4K時、最高ISO12800の高感度を実現。

作例:ISO12800

EOSムービーの魅力の一つである高感度撮影。EOS 5D Mark IVは、CMOSセンサーとDIGIC 6+の連携により、4Kで常用最高ISO12800、1080時では常用最高ISO25600を実現。暗がりでの撮影でもクリアで美しい映像に仕上がります。現場の光の雰囲気を活かした撮影や照明が使えない省機材の撮影などにも貢献。それぞれ拡張ISO感度102400(H2)も達成しています。

1080/60Pを実現。MOVのほか、MP4形式でも記録可能。

新たに1080/60Pを実現。フルHD(1920×1080)は圧縮方法にMPEG4 AVC/H.264を採用。映像制作に適したMOVのほか、新たに汎用性の高いMP4が選択できるようになりました。用途に応じて、高画質でカット編集や映像の切り出しに適したALL- I(Intra)と、ファイル容量が軽く長時間の撮影に適したIPB(Long Gop)の選択も可能です。

  NTSC PAL
動画記録
サイズ
フレームレート 映像記録方式/
圧縮方式
動画記録
サイズ
フレームレート 映像記録方式/
圧縮方式
MOV 4K
4096×2160
29.97fps Motion
JPEG
4K
4096×2160
25.00fps Motion
JPEG
24.00fps 24.00fps
23.98fps -
1920×1080 59.94fps ALL-I 1920×1080 50.00fps ALL-I
IPB IPB
29.97fps ALL-I 25.00fps ALL-I
IPB IPB
24.00fps ALL-I 24.00fps ALL-I
IPB IPB
23.98fps ALL-I -
IPB
1280×720 119.9fps ALL-I 1280×720 100.0fps ALL-I
MP4 1920×1080 59.94fps IPB 1920×1080 50.00fps IPB
29.97fps IPB 25.00fps IPB
IPB(軽量) IPB(軽量)
24.00fps IPB 24.00fps IPB
23.98fps IPB -

滑らかなスローモーション映像を記録するHD/119.9fps収録。

写真:ハイフレームレート

HD(1280×720)記録時、NTSC:119.9fps/PAL:100.0fpsのハイフレームレート動画撮影を実現。29.97fps/25.00fpsに対して1/4倍速、ALL-Iによる滑らかなスローモーション映像を記録できます。

このページのトップへ