一眼レフカメラ 動画ソリューションEOS 5D Mark IV EOSムービータッチAF

タッチAF搭載。機動力の4K・EOSムービー。EOS 5D Mark IV 4K

快適、タッチAF

AFフレームの位置変更も、ピント合わせも、タッチ操作で可能。

写真:タッチ操作でAFフレーム位置変更

タッチパネル機能搭載により、液晶モニターのタッチしたところにAFフレームを移動でき、瞬時にピントが合わせられます。AF方式は「顔+追尾優先AF」「ライブ多点AF」「ライブ1点AF」の3種から選択可能。「顔+追尾優先AF」では、カメラが顔を検出して自動的にAFフレームを設定、フォーカスを合わせます。

被写体に瞬時に合焦。デュアルピクセル CMOS AF。

キヤノンが開発した撮像面位相差AF技術、デュアルピクセル CMOS AF搭載。画面内の縦:約80%×横:約80%の広い範囲において、すべてのEFレンズで高速かつスムーズなAFが可能です。

[デュアルピクセル CMOS AFとは]

CMOSセンサーの1画素を2つのフォトダイオードで構成。1画素から2つの画像信号を検出し、位相差AFを行うことにより、フォーカスの移動方向と移動量を算出します。合焦位置を探す不自然なフォーカスの移動がなく、スムーズで高速なAFが可能です。

概念図:デュアルピクセル CMOS AFデュアルピクセル CMOS AF

動画サーボAFでピント合わせが快適に。追従特性のカスタマイズも可能。

被写体の動きに合わせてピントを合わせ続ける動画サーボAFが可能。「顔+追尾優先AF」では、合焦した人物をカメラが自動的に追尾。DIGIC 6+の高い顔検出能力により、優れたAF追従性を発揮します。また、「ライブ1点AF」では動画サーボAFの特性をカスタマイズできるので、表現意図に合わせた動画撮影が行えます。

[動画サーボAFのカスタマイズ:AF速度]

画面:AF速度

被写体の動く速さや表現意図に応じて、「AF速度」を設定することが可能です。設定幅は[遅い(-7~-1)/標準/速い(+1、+2)]の10段階。動画におけるピント移動は遅いほうが違和感を与えにくいため、「遅い」の設定幅を広くしています。作動条件は「常時/撮影中」から選択が可能。「撮影中」を選ぶと、撮影前のピント合わせ時、設定した速度に関わらず[標準]でレンズが駆動し、撮影準備をスピーディーに済ませられます。

  • 2009年以降に発売されたEFレンズ使用時に設定できます。

[動画サーボAFのカスタマイズ:被写体追従特性]

画面:動画サーボAFの被写体追従特性

「被写体追従特性」は7段階から設定可能。[粘る](-3~-1)では、被写体がAFフレームから外れたり、障害物が横切ったりしても、ピントをある程度保持。意図しないピント移動を抑え、安定したAF撮影を実現します。逆に[敏感](+1~+3)は、遠くの被写体から手前を横切る被写体にピントを移すといった表現に有効です。

このページのトップへ