ネットワークカメラ導入事例株式会社 諏訪田製作所

ネットワークカメラを工場内に設置 工場見学時の安全と演出の両立により売上拡大と新しい価値創造に貢献

概要

株式会社 諏訪田製作所
代表取締役
小林 知行 氏

創業以来、伝統的な鍛冶技術による刃物作りを継承し、世界的にも評価の高い諏訪田製作所。同社は2011年11月、工場の全面「オープンファクトリー化」に踏み切った。新工場では、見学者通路に設置されたiPadから、見学者が自らネットワークカメラを操作して職人の手元をズームアップすることができる。この画期的な仕組みの実現に一役買ったのが、キヤノンのネットワークカメラだ。同社では当初、工場内のセキュリティー用途での導入を検討していたが、カメラとiPadを連携すれば、熟練職人の手技を間近に観察できる工場体感ツールとしても利用できることに着目。カメラが「セキュリティー」と「エンタテインメント」の2役を兼ねるという、新しい仕組みを考案した。今後は、これを起点に、技術を世界に発信する仕組みの構築を進めていく考えだ。

事例のポイント

お客さまが実現できたこと

お客さまのご要望

この事例は取材時の情報に基づき構成されています。
その後変更となっている場合もございますので、ご了承ください。

このページのトップへ