ネットワークカメラXProtectアプライアンスサーバー VMS導入セット
概要

VMS導入セットは、多彩な機能を備えたビデオ管理ソフトウェア(VMS)「Milestone XProtect®」と、24時間止まることなく映像管理を続けるハードウェアに信頼性の高いIAサーバ「Express5800シリーズ」を採用した構成になっています。

本製品により、エンドユーザーは高機能なビデオ管理ソフトウェアを手軽に導入することが可能になります。
また、本製品はサーバーならではの顔認証システムをはじめ、様々なソフトウェアとの連携に対応し従来の映像録画専用機(NVR)にない価値をご提供します。

基本情報

VMSモデル
1TBモデル
4TBモデル
8TBモデル
VMS+顔認証モデル
顔認証エントリーモデル(1TB)
顔認証スタンダードモデル(4TB)
FieldAnalystオプション
FiealdAnalystオプション for Gate
FiealdAnalystオプション for Signage

おもな特長

1.簡単導入

「XProtect® Express」をプレインストールし、ソフトウェアを使うための最適なハードウェア構成を選定しています。
かんたんセットアップツールでかんたんに初期設定をするとこができます。

2.拡張性

XProtectのプラグインを追加することで、様々なソフトウェアとのシステム連携が可能となります。
本製品を拠点端末として導入し、将来的に各拠点の端末を統合的に管理することが可能です。
カメラは最大48台まで接続可能です。

3.信頼性

9年連続世界シェアNo.1※1のビデオ管理ソフトウェアと20年連続国内シェアNo.1※2のIAサーバー「Express5800シリーズ」を採用することで、高い信頼性を実現しています。
設定変更履歴などの豊富なログ情報やオンサイト保守によるダウンタイムの削減で安心の価値を提供します。

4.顔認証システム連携(VMS+顔認証モデルのみの特長)

図:ビデオ管理ソフトウェアの表示

ビデオ管理ソフトウェアの表示と顔認証ソフトウェアの一体表示によって、顔の照合と動画監視の一元管理が可能になります。

図:顔認証ログのタイムライン表示

また、顔認証ログのタイムライン表示から選択されている人物情報の記録動画を再生することが可能です。

5.属性分析システム連携(FieldAnalystオプション追加時)

映像からリアルタイムに人物・顔を検出し、年齢・性別などの属性を自動推定し、収集した情報をマーケティングなどへ活用が可能になります。

FieldAnalystオプション for Gate
店舗や施設の入り口などに設置したカメラで、来場者の属性情報を推定し集計します。集計データをマーケティングに活用することができます。
FieldAnalystオプション for Signage
ディスプレイ上などに設置したカメラで、視聴者の属性情報、視聴した時間やサイネージからの距離を測定します。集計データをデジタルサイネージの視聴効果分析に活用することができます。

システム構成例

システム構成例
このページのトップへ