Canon
キヤノン映像ソリューション
ご相談・お問い合せはこちら

食品製造
原料の入荷から生産、出荷、流通まで
さらなる食の安全・安心を実現するトレーサビリティ最新事例

相次ぐ食品偽装事件や異物混入事件の報道を受け、「食の安全・安心」に対する消費者の関心が高まっています。そうした中、食品製造業全体で取り組むべき課題として捉えられているのが、トレーサビリティの確保です。

一度事故を起こせば、事故原因の調査、監督官庁への報告、媒体による告知、製品回収と、人的リソースの用意はもちろん、健康被害に対する賠償問題や消費者からの信用失墜、取り引き停止と、会社存続の危機にまで発展しかねません。長年かかって築き上げてきた企業イメージやブランドイメージの失墜を避けるためにもトレーサビリティの見える化は企業にとって最重要課題であり、その中心として今後の活躍を期待されているのがカメラ映像です。

原料入荷時から包装・梱包時まで映像でモニタリングすることで、問題があっても流通に乗せる前に阻止し、原因究明にも迅速な対応が可能に。

倉庫内で起こるトラブルに備えた、顔認証による入退出管理やサーマルカメラによる監視。

ナンバープレートの自動検出による、より詳細なトレーサビリティの追跡。

不測の事態が発生した際の原因究明や被害の拡大防止、消費者からの信頼回復に直結する、カメラ映像を使ったトレーサビリティの見える化についてご紹介します。

CHAPTER 1
入荷した原料や包装・梱包時の製品を
映像で管理し、トレーサビリティーを強化!

食品の製造工場においては、原料や製品を製造ロット単位で一つのかたまりとして管理することが主流となっています。しかし、例えば出荷後に何か不具合がわかった際、そもそもの原因が原材料にあったのか、それとも製造段階で生まれた不良なのか、問題の切り分けが容易ではありません。そこで登場するのが、映像による管理でトレーサビリティを強化する手法です。原料入荷時から包装・梱包時まで映像でモニタリングすることにより、問題が発生しても迅速な対応が可能になります。ロット番号だけに頼らず、実物を照合できるので、偽装やすりかえの対策としても有効です。

CHAPTER 2
工場内倉庫を映像管理して
不正行為の抑止と庫内の安全管理を徹底!

原材料や出荷前の商品などを大量に保管する倉庫は、盗難の標的になりやすい場所の一つ。特に、照明設備が十分でない夜間の倉庫は人の目での監視が難しく、監視カメラを設置してしっかり防犯に備えておきたいものです。カメラによるセキュリティーの強化ということで、まず挙げられるのが、関係者の顔をデータベースに登録し、未登録者がゲートを通ろうとするとアラートで告知する顔認証による入退出管理です。また、夜間のモニタリングには暗闇でも撮影が可能な赤外線カメラやサーマルカメラが最適。サーマルカメラは温度異常も検知できるので、不正行為への備えのみならず、庫内での発熱や発火への素早い対処も可能にします。

CHAPTER 3
ロット番号や配送業者の管理に加え
配送者の車両番号まで詳細な出荷管理を実現!

万が一の事態が生じた際に、食品の移動ルートを遡及・追跡して、原因究明や商品回収等を円滑に行えるようにするためのしくみとして、食品業界全体としてさらなる普及と徹底が求められているトレーサビリティ。お客様からの要望に備え、漏れのないトレーサビリティを確保するには、入荷時、製造時のみならず、製品出荷時も重要です。そこで必要になってきているのが、出荷・流通の状況も含めた映像によるモニタリングです。これまでは配送業者までしか把握できなかったところを、ナンバープレートの自動検出により配送業者の車両やドライバーまで判別。より細かな追跡が可能になります。

PAGE TOP