Canon
キヤノン映像ソリューション
ご相談・お問い合せはこちら

製造
歩留まりを改善し、生産性向上に貢献!
進化し続ける生産ライン一元監視テクノロジー

国際競争の激化や需要の素早い変化による製品開発サイクルの短縮など、これまで以上に生産性向上が求められている製造業。しかし、市場ニーズの多様化による取扱い品目の増加と、それにともなう作業工程やレイアウトの見直しに追われる現場では、もはや人手による業務最適化に限界が生じ、生産ラインの停滞や不良品の発生などさまざまな問題が噴出し始めているのが現実です。

そこで着目されているのが、映像による製造現場の見える化です。本来、防犯目的で生まれた監視カメラでしたが、性能の向上や周辺技術との連携でその役割が様変わり。セキュリティの監視以外にもさまざまなシーンで利用の幅が広がりました。

MES(製造実行システム)による監視体制に映像をプラスすることにより、数値では見えてこないボトルネックまでしっかり捉えて、業務最適化を図れるようになりました。

製造機器の制御装置であるPLC(制御装置)に映像をつなげれば、従来は目視でないと把握できなかったチョコ停の原因も解析できます。

そして、超小型カメラの登場で、これまでは現実的ではなかった機器内部の複雑な工程の映像管理も可能に。

製造現場で起きていることを瞬時に映し出し、迅速な異常通知や課題解決に貢献する生産ライン一元監視テクノロジーについて詳しくご紹介します。

CHAPTER 1
数値では見えてこないボトルネックを可視化し
製造現場の業務最適化を後押し!

製造現場を見える化し、「在庫管理が煩雑」「製造の状況を即座に把握したい」「工場の無駄を無くしたい」「基幹系システムとの連携を図りたい」など、経営者や現場の人々が抱えるさまざまな課題を解決してくれるMES(製造実行システム)。MESの登場により、機械や労働者の作業の監視・管理体制は大きく進化を遂げました。そして今、さらなる生産性向上を生む手段として、MESと映像の連携に注目が集まってきています。MESによる監視体制に映像をプラスすることにより、機械の劣化によるわずかな不具合や労働者の作業ロスも可視化。数値では見えてこないボトルネックまでしっかり捉えて、業務最適化を図ることができるのです。

CHAPTER 2
チョコ停の原因や歩留まりを見える化!
PLCとの連携で、改善対策が鮮明に!

製造機器の制御装置として、現在では工場で稼働する工作機械や製造装置の大半に搭載されているPLC(制御装置)。制御回路の配線などを変更することなくソフトウェアだけで自在な制御が可能となったのに加え、装置自体もコンパクト化したことで、製造現場を中心に普及が進みました。PLCの導入で生産ラインの稼働状況は数値管理できているものの、一時的なトラブルによる設備の停止や空転、目視でないと原因が把握できないチョコ停とそれによって低下する歩留りなど、数値だけでは管理しきれないものがあるのもまた事実。そこで登場したのが、PLCに映像を連携させるという発想です。PLCと映像の連携により、いつどこでチョコ停が発生したか、記録映像から原因を解析できます。

CHAPTER 3
機器内部に組み込んだ超小型カメラで
製造ラインを細部に至るまでモニタリング!

カメラのサイズや耐久性、精度がネックとなり、これまでは現実的ではなかった機器内部の複雑な工程の映像管理。それを可能にするのが、機器の内部への組み込み用途を想定して開発された超小型カメラです。超小型カメラは、メインユニット(本体)とセンサーユニット(レンズとイメージセンサー)により構成され、メインユニットとケーブルで接続することができればセンサーユニットを組み込む場所は自由です。ごくわずかなスペースへの設置も思いのままで、細部に至るさまざまなモニタリングに使用できます。

PAGE TOP