Canon
キヤノン映像ソリューション
ご相談・お問い合せはこちら

製造
設備機器の状況や従業員の安全を遠隔監視!
工場最適稼働モニタリングソリューション

設備機器の故障を最小限に抑えたり、重大な事故を未然に防止するには、異常をいち早く検知して迅速に対処することが有効な方法です。しかしながら、一度に数多くの機器を巡回点検しなければならない場合や遠隔地にある工場の機器点検となると、人手も時間もかかり、限られた人員で行うのは物理的に無理があります。また、仮に管理者が現場に足を運び、丁寧に見回っても、その時に異常が現れるとは限りません。誰も見ていないタイミングで何かが起こっても、次回の巡回まで気づくことはできないのです。

このような現場の状況をリアルタイムで把握し、トラブル発生時に迅速な対応を行うなら、映像によるモニタリングが最適です。離れた場所にいても、ネットワークさえつながれば現場の映像を手元のパソコンから閲覧でき、もし機器などに異常を検知した場合はアラートを出して報せたり、後から発生前の映像を確認してその原因を分析することも容易です。

重要施設を大事故から守る、設備機器の高温を感知できる温度検知カメラでのモニタリング。

命に関わる事故を未然に抑止する立ち入り禁止エリアの常時監視。

保全業務の効率化や異常時の即時対応を可能にする、画像解析によるアナログメーターのデジタル化。

数値の異常や従業員の危険にいち早く気づき、重大なエラーやトラブルを未然に防ぐ工場最適稼働モニタリングソリューションについてご紹介します。

CHAPTER 1
電気設備や管理機器の不具合を熱で感知し
異常時にはアラーム機能で通知!

制御装置によって、工場全体の正常稼働をリアルタイム監視・管理することが可能に。管理者は集中コントロールセンターで数値の異常を検知した場合にのみ、原因究明のため現場へ向かうというのが、監視の流れです。しかしながら、中には数値で監視するだけでは危険な施設や設備もあります。そこで、万が一の際に大事故につながりかねない重要な設備は映像で温度の異常を可視化できる温度検知カメラでモニタリングすることになります。あらかじめ正常値を設定し、設定温度を上回った場合や急激に温度が上昇した場合にアラームで通知。暗闇の中でも設備機器の高温を感知し、重大事故を抑止することができます。

CHAPTER 2
立ち入り禁止エリアへの侵入を阻止して
不慮の事故やトラブルを防止!

工場施設内には取り扱い注意の危険な機器が置かれた場所など、一部の関係者以外、立ち入りを禁じる必要のあるエリアがあります。とはいえ、「立ち入り禁止」と表示しただけでは、侵入を完全に抑止するのは難しく、単に映像でモニタリングしても何かが起こってからの確認にしかなりません。そこで、工場内の危険エリアをカメラで常時監視、従業員の侵入や何らかの異常を検知したらすぐにアラートで警告することで、命に関わる重大な事故を未然に抑止します。なお、そうしたヒヤリハットの映像を録画し、検証材料として活用することで、二度と同じ事態が起こることのないように対策を講じることもできます。

CHAPTER 3
アナログメーターを遠隔監視して
映像から数値をデジタルデータに自動変換!

生産ラインはPLC(制御装置)で一元管理できている工場内であっても、空調設備や電気供給装置、上下水道設備など耐久年数の長い装置に関してはデジタル化・一元管理への投資が進んでいないというケースが多いようです。そんな製造現場に最適なのが、定期的に目視で検針を行っているアナログメーターの数値や針の位置をカメラで撮影し、画像解析によりデジタル数値に自動変換して保存するシステムです。アナログメーターや回転式メーターをデジタル化することで、デジタルシーケンサーなどのデータと一元管理が可能に。保全業務の効率化や異常時の即時対応につながります。

PAGE TOP