Canon ご相談・お問い合せはこちら 映像ソリューショントップ
SECURITY SHOW 2018
スペシャルリポート
Canon
SECURITY SHOW 2018
スペシャルリポート
「ビル・オフィス」ゾーン
情報漏えいの抑止やプライバシーへの配慮など、昨今のニーズに合わせた映像ソリューションを展示。
「Minimum Staff-Count Detector」は、指定したエリア内での単独作業を検知するしくみであり、複数人で行うべき作業を徹底させるために有効です。現在、データセンターや金融機関、自治体などを中心に活用が期待されています。
また、カメラに映った人物だけをリアルタイムで半透明の緑色のシルエットで表示する「Moving Object Mask for Milestone XProtect」も展示しました。このソリューションは、プライバシーに配慮しつつ、店舗での混雑状況の確認や介護施設の居室内での作業確認などの場合に役立ちます。

このページのトップへ