LFS方式(UV硬化方式)Form 3特長

Form 3 3Dプリンター

大きな造形範囲と高精細な3Dプリント

デスクトップ型としてx145×y145×z185mmの大型造形範囲を実現し、より大型の試作品や製品を造形できるだけでなく、製品の樹脂型を造形することによる、最終製品の製造にも活用が可能となりました。マシンの心臓部であるLPUは、独自のガルバノメーターやレンズによって誘導された250mWの高精度のレーザーにより、大きな造形物も細部まで再現いたします。

  • LPU:Light Processing Unit

安定したプリントを可能にするLFSテクノロジー

LFSテクノロジーの中核となる、LPUとフレキシブルレジンタンク、レジンを撹拌し全体を均一に保つミキサーや、造形エリア内の温度を保つヒーターなどを備え、安定した高精細造形を実現しました。

  • LPU:Light Processing Unit

豊富なマテリアル(材料)

様々な特徴をもつマテリアルが使用可能です。

スタンダードレジン
クリア、ホワイト、グレー、ブラックの4色に対応
タフレジン
伸張強度係数が比較的高いABS樹脂ライク
キャスタブルワックスレジン
ロストワックス鋳造に対応
デュラブルレジン
プロプロピレン(PP)樹脂ライク
フレキシブルレジン
80Aデュロメーターゴムを模倣した樹脂
ハイテンプレジン
0.45MPaにおける熱たわみ温度(HDT)238℃の耐熱性
ドラフトレジン
300ミクロンの積層ピッチで高速プリント
グレープロレジン
汎用プロトタイピングに最適
エラスティックレジン
50Aデュロメーター硬度をもつシリコン樹脂ライク
リジッドレジン
ガラス繊維で強化された硬質樹脂

主な用途

製造、建設、教育その他のさまざまなマーケットで活用可能です。

購入前のお問い合せ/導入のご相談・お見積

Form 3はFormlabs社製3Dプリンターです。

このページのトップへ