3DSystems 会社概要

米国サウスカロライナ州に本社を置く3DSystemsは、3Dプリンター業界を牽引し続けてきた世界的なリーディングカンパニーです。1987年に設立者のChuck Hull(チャック・ハル)が、世界に先駆けて光造形3Dプリンターを製品化して以来、独自技術を搭載した3Dプリンターを世に発信し続けてきました。

社名
3D Systems Corporation
本社所在地
333 Three D Systems Circle Rock Hill, SC 29730USA
代表者
Vyomesh I. Joshi, President and Chief Executive Officer
設立
1986年
従業員数
2,666名(2017年末時点)
事業案内
3Dプリンター・材料・ソフトウェア開発、製造販売・技術サポート

3D Systemsのストーリー

1984
Chuck Hullが光造形法を発明し史上初の3Dプリント部品を作り上げる
1986
3D SystemsがChuck Hullにより設立され、世界で最初の3Dプリンティング企業となる
1987
初の3DプリンターであるSLA-1 光造形3Dプリンター(SLA)を製品化
1989
選択的レーザー焼結(SLS)の特許を取得
2009
オンデマンド部品製造をスタートさせる
2013
3Dプリンターの製品ポートフォリオにDMP(Direct Metal Printing)を加える
2016
次世代光造形法であるFigure 4 SLAテクノロジーを発表
2018
3Dプリンターの製品ポートフォリオにDLP(Digital Light Printing)を加える

金属3Dプリンターの開発拠点

3D Systems(アメリカ)

産業用から民生用、金属材料から樹脂材料、ソフトウェアまで多岐に渡る製品ラインアップを有する世界最大級の3Dプリンター企業

旧 LayerWise(ベルギー)
1991:
KU-ルーヴェンで金属3Dプリンターの研究を開始
2008:
LayerWise設立
2014:
3D Systemsが買収

LayerWiseの特長

  • 量産機の開発に強みを持つ
  • 装置開発事業と造形受託事業を有する

開発機種

(DMP320)、Flex350、Factory350、Factory500

旧 Phenix Systems(フランス)
2000:
Phenix Systems設立
2009:
金属3Dプリンターの出荷を開始
2013:
3D Systemsが買収

Phenix Systemsの特長

  • 小型機の開発に強みを持つ
  • 独自技術(材料レイヤリング)を装置に搭載

開発機種

(DMP100)、Flex100、DMP200、(DMP300)