事業再構築補助金の活用をお考えのお客様へ

事業再構築補助金とは? ポストコロナ・ウィズコロナ時代における経済社会の変化に対応するための企業の思い切った事業再構築を支援する中小企業庁の補助事業です。(令和2年度第3次補正予算で約1兆円を計上)

主要申請要件

売り上げが減っている

申請前の直近6ヵ月のうち任意3ヵ月の合計売上高が、コロナ以前(2019年または2020年1~3月)の同3ヵ月の合計売上高と比較して10%以上減少している。

事業再構築に取り組む

事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。

認定経営革新等支援機関と事業計画を策定する

事業再構築に係る事業計画を認定経営革新等支援機関と策定する。
補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0%(グローバル回復枠は5.0%)以上増加、または従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%(同5.0%)以上増加の達成を見込む事業計画を策定する。

補助額と補助率

中小企業

中小企業 補助額 補助率
通常枠 100万円~6,000万円 2/3
卒業枠※1 6,000万円超~1億円 2/3

中堅企業

中堅企業 補助額 補助率
通常枠 100万円~8,000万円 1/2
(4,000万円超は1/3)
グローバルV字回復枠※2 8,000万円超~1億円 1/2
  • ※1
    卒業枠
    400社限定。
    事業計画期間内に、
    1. 組織再編
    2. 新規設備投資
    3. グローバル展開
    のいずれかにより、 資本金または従業員を増やし、中小企業から中堅企業へ成長する事業者向けの特別枠。
  • ※2
    グローバルV字回復枠
    100社限定。以下の要件を全て満たす中堅企業向けの特別枠。
    1. 直近6ヵ月間のうち任意3ヵ月の合計売上高がコロナ以前の同3ヵ月の合計売上高と比較して、15%以上減少している中堅企業。
    2. 補助事業終了後3~5年で付加価値額または従業員一人当たり付加価値額の年率5.0%以上増加の達成を見込む事業計画を策定すること。
    3. グローバル展開を果たす事業であること。

対象企業の範囲

中小企業

資本金3億円以下または従業員数300人以下。

中堅企業

中小企業の範囲に入らない会社のうち資本金10億円未満。

申請方法とスケジュール

申請方法

補助金の申請は電子申請となりますので、事業再構築補助金の公式ウェブサイトをご確認下さい。

申請スケジュール

1次公募は既に締め切られておりますが、さらに4回程度の公募が予定されています。

  • 現時点で3次公募以降のスケジュールは未定です。
1次公募(終了)
2021年4月15日(木)~2021年5月7日(金) ※採択結果は6月中旬通知予定
2次公募
:2021年5月12日(水)予定~2021年7月上旬予定 ※採択結果時期未定

お問い合わせ

本ページは、経済産業省の利用規約、中小企業等事業再構築促進事業をもとに作成しております。
補助金に関する詳細・最新情報は下記公式ウェブサイトよりご確認下さい。

補助金を活用して3Dプリンターをご検討されるお客様はキヤノンマーケティングジャパンの担当部門へお問い合わせ下さい。