DMP Flex350 / Factory350 | 特長

おもな特長

  • 真空チャンバーの採用

    不活性ガスの消費量を大幅に削減するだけでなく素早く最適な造形雰囲気を実現し、チタン合金の酸化富化層の発生を抑制します。

  • 着脱式プリントモジュール

    プリントモジュールを複数台ご用意頂く事により、モジュール交換のみで、煩雑な材料交換作業が不要になり簡易的に複数種の材料運用が可能です。

  • 双方向レイヤリングシステム

    材料格納ピストンを左右に配置しており、双方向によるレイヤリングが可能なため、特に高さのある造形物に対する総造形時間の短縮に貢献します。

  • リアルタイムプロセスモニタリング

    パウダーベッド/メルトプールのリアルタイムモニタリングにより、品質管理に関する豊富なデータを提供します。

  • 統合された粉末管理ユニット
    ※Factory350のみ

    粉末管理ユニットを統合させる事により、粉末への接触を最小化するだけでなく装置内部での粉末リサイクルを対応可能にし、生産性を向上させる事が出来ます。

金属3Dプリンターご検討のお客様向けコンテンツ