CM 人生はシャッターチャンス。
「母の言葉、娘の心」篇 TypeA(165秒)

動画でご紹介

テキストでご紹介

T:photo jewel s

♪~ Uru ホントは、ね

T:一冊のアルバムを、
母と娘に見てもらった

母「妹が生まれて
哺乳瓶で」

母「ミルクだとか
飲ませてもらうのを見て
私も飲みたいと」

母「甘えてきてる写真です」

母「お雛様の時の写真ですね」

母「ニコニコ笑ってて」

母「よかったなと思っています」

母「これは自宅です」

母「この子は
4人目だったんですけども」

T:母はすべての写真を
覚えていた。

娘「この年齢の事は」

娘「ちょっと
わからないですね」

娘「えー」

娘「どこだろう?」

娘「覚えてないんですけど」

娘「初めて見ました
この写真は」

T:娘は覚えていない
写真があった。

娘「これを耳に
当てる?」

T:母が語る思い出を聞きながら

T:アルバムを見直した。

母「この子はすっごい色が白くて」

母「透き通っているぐらい
白かったんですよね」

母「大きさもそんな大きくなく。
でも無事に生まれて
よかったなって」

母「自分でその
空気を入れたいと」

母「で、やるんですけど
上手くはいかないで
結局お父さんに
やってもらってました」

母「三輪車を買ってもらって」

母「ちょこちょこちょこちょこ
危なっかしかったんですけど」

母「可愛いなと思ってました」

T:♪Uru/ホントは、ね

娘「ええっ」

娘「私も子どもを産んで」

娘「可愛いと思ったので」

娘「同じように
思ってくれてたのかなって」

娘「全部 成長とか 細かい
こういう事があったんだよ
とかも覚えててくれてるし」

娘「すごいね」

T:写真は、一枚残らず、
愛情になる。

T:母が教えてくれた。

娘「大切なんだなって
改めて」

娘「写真って大事だな
取っとかなきゃだなって」

母「そうだね」

T:人生はシャッターチャンス。

C.I.

このページのトップへ