BU-43U | 特長

映像出力4K 60P対応

自社開発した大型の1.0型CMOSセンサーを搭載し、4K UHD 59.94P 4:2:2 10bitの高品位で臨場感あふれる豊かな映像表現を実現します。

12G-SDI端子搭載

映像出力に12G-SDI端子を搭載しており、4K UHD 59.94Pを12G-SDIケーブル1本で伝送可能となります。
このため、システムの構築が容易となります。

光学15倍ズーム(4K)、アドバンストズーム30倍(FHD)

優れた描写性能と操作性、信頼性を誇るキヤノンLレンズシリーズ。

その技術を投入した光学15倍ズームレンズを搭載。全ズーム域と画面全域で高画質を実現しています。

フルHD撮影時は、4Kが持つ多画素センサーを活用した最大約30倍のアドバンストズームが可能です。

デジタルズームと異なり、画質の低下がなく、高い解像度を維持したまま超望遠撮影が行えます。

  • 4K、2K映像出力の切替は、キヤノンサービスでの対応となります。詳しくは販売店へお問い合わせください。

デュアルピクセルCMOS AF搭載

キヤノン独自開発の高速・高精度位相差AF技術「デュアルピクセル CMOS AF」を搭載。

画面内縦横比約80%での広い測距エリアにより迷いのない高速・高精度AFを実現しました。

高いフォーカス精度を求められる4K撮影を強力にアシストします。

高感度/低ノイズを実現

大型の1.0型CMOSセンサーとと映像エンジン Dual DIGIC DV 6とのコンビネーションにより、高感度と低ノイズ性能を高め、撮影領域と表現力を拡大します。

既存システムとの高い互換性

外観の形状および架台取り付け穴位置はBU-42Hと同寸法の設計となっているため、現在設置してあるキヤノン製屋外型ロボットカメラの乗せ換えが容易に出来ます。

また、プロトコルも同じとなっているため、現在ご使用頂いているキヤノン製OP*が使用可能です。

  • ソフトウェアの変更が必要となります。