データ共有で業務改革 流通小売業向け販促ソリューション

販促データの共有、活用で継続的に業務改善

過去の販促施策のデータ管理や効果検証はできていますか?

業務標準化による効率的な運用 煩雑なオペレーションを改善したい 販促物のデータをきちんと管理したい 手入力による手間やミスをなくしたい

業務効率化による効率的な運用

販促データの集中管理と共有化で販促物のクオリティを標準化。

本部と店舗の連携を強めてより効率的な販促オペレーションの実現を支援します。

販促物のデータを一元管理、共有

POP作成システム「ポップエース」、販促資材発注・管理システム「SPinno」、ポスター作成ソフト「PosterArtist」は、今まで個人のPC内でバラバラに保管していた販促物のデータをWeb上に集約、一元管理。

必要な時に過去のデータを簡単に参照できます。各拠点でデータを共有することで、新たにデータを作成する手間を省き、販促物のクオリティを標準化します。

Web上に販促データを集約し、各拠点でデータ共有 店舗A~C

アイテム発注ログ分析で販促効果測定

販促資材発注・管理システム「SPinno」で取得したアイテム発注ログと、外部の売上、来客数データを組み合せて分析することで、販促効果測定が可能です。

分析結果を次回の販促施策に活用することで、より効果的な販促が行えます。

月別/店別/アイテム別/発注ログデータをデータ分析し、分析結果を次回の販促策に活用