ケーブルIDプリンターMK5000/MK3000メディア別構成例

現場の課題に応えるために。マークチューブ・マーカーラベル・記銘板のマーキングならCABLE ID PRINTER MK5000/MK3000
製品の特長をご紹介

マークチューブ(PVCチューブ・熱収縮チューブ)へ印字する場合

MK5000 or MK3000+チューブアタッチメント(本体に付属)+キープチューブまたは市販PVC丸チューブ 市販熱収縮チューブ

低温環境下で使用する場合

チューブウォーマー

本体の推奨動作環境は「温度:15℃~32.5℃」ですが、チューブウォーマー装着により5℃~18℃の低温時でもリボンが切れにくくなり鮮明にプリントできます。また、MK5000/MK3000は、ACアダプターが利用できない場所でも、電池(eneloopスタンダードモデル)にて駆動が可能です。

  • エネループおよびeneloopはパナソニックグループの登録商標です。

記名板(マーカープレート)へ印字する場合

MK5000+記名板・フラットチューブアタッチメント+記名板用クリーナー
(アタッチメントに同梱)+市販記名板

ラベルテープへ印字する場合

MK5000 or MK3000+ラベルテープ カセット各種 印字イメージ

フラットチューブに印字する場合

MK5000 or MK3000+記名板・フラットチューブアタッチメント+フラットチューブ用クリーナー(アタッチメントに同梱)

おすすめコンテンツ

このページのトップへ