PowerShot G7 X Mark III | 動画撮影

4K動画

広角をめいっぱい活かせる、高精細な「4K動画撮影」

Gシリーズ初の4K動画撮影を実現。フルHDの4倍の画素数で、高精細な動画撮影が行えます。またクロップなしのフル画角で撮影できるので、広角側でのレンズ特性を活かして、雄大な景色や大勢のダンスステージなど視野の広いシーンをダイナミックに記録可能です。

画像:4K動画撮影
作例:4K動画撮影

いいシーンをあとから静止画でチョイス「4Kフレーム切り出し

4Kで撮影した動画から、任意のフレームを静止画として切り出すことが可能。カメラ操作のみで行えます。動画を撮影しながら、静止画も残したいという場合に便利です。

  • 動画の1コマを静止画として保存するため、通常の静止画と同等の画質にはなりません。静止画のアスペクト比は16:9です。カメラではフレーム切り出しした画像をトリミングできません。4K動画以外のフルHD、HD動画のフレーム切り出しはできません。
図:4Kフレーム切り出し

ゆっくりと変化する動きを動画として記録「4Kタイムラプス動画」

一定間隔で撮影された静止画をつなぎ合わせて、独特な表現が楽しめるタイムラプス動画。新たに4K画質での撮影も可能になりました。歩く人など動きのある被写体には[シーン1(2~4秒/30~900回)]を、雲の動きなど変化の遅い被写体には[シーン2(5~10秒/30~720回)]を、ゆっくりとした風景には[シーン3(11~30秒/30~240回)]の撮影間隔/回数を選択するだけで、かんたんに撮影が楽しめます。[カスタム]では、撮影間隔2~30秒、撮影回数30~900回を任意に設定できます。

作例:4Kタイムラプス動画

幅広い表現を可能にする動画機能

フルHDに対応「ハイフレームレート動画(120p)」

コマ数の多い120pの動画を、フルHD画質で撮影可能に。スポーツのゴールシーンや花吹雪、手持ち花火など、肉眼では捉えにくい一瞬のシーンをスローで印象的に表現できます。

作例:ハイフレームレート動画(120p)

白トビを抑える「HDR動画モード」

晴れた空と日陰部分などの明暗差の大きいシーンでも、高輝度側の白トビを低減するHDR動画モード。広いダイナミックレンジを実現し、ディテールまで精細に描写します。

作例:HDR動画モード

任意の設定で動画撮影できる「マニュアル動画」

撮影前や撮影中に、仕上げたいイメージに合わせて、絞りやISO感度、シャッタースピードを任意で変更できます。ISO感度はISO125~6400、シャッタースピードは1/8~1/4000秒まで設定可能。動画表現の幅を広げます。

動画撮影時の手ブレを高精度に抑制する「5軸手ブレ補正」

動きながらの撮影や片手をのばしながらの撮影といった不安定な体勢でもブレを大幅に軽減。小さなブレから大きなブレまで高精度に補正し、高画質な映像表現を可能にします。

1.回転軸補正

カメラを左右に傾けたときの手ブレで発生する歪みを軽減。

2.水平回転軸補正

カメラを水平に振ったときの手ブレで発生する歪みを軽減。

3.縦回転軸補正

カメラを縦に振ったときの手ブレで発生する歪みを軽減。

4.上下補正

カメラが上下に平行移動するときに発生する手ブレを補正。

5.左右補正

カメラが左右に平行移動するときに発生する手ブレを補正。

  • 画像はイメージです。

構図が傾きやすい体勢でも安定した撮影ができる「自動水平補正」

動画撮影時、カメラの傾きを自動で補正することが可能です。カメラを固定しにくいローアングル&ハイアングルからの撮影も、水平をキープ。歩き撮りなど、揺れが大きいシチュエーションでも安定した映像が楽しめます。さらに、撮影待機時の画面も水平状態で表示。違和感なく撮影をはじめられます。

高画質はそのままに、データを高圧縮記録する「MP4フォーマット」

幅広いデバイスに対応するMP4(MPEG-4)の記録形式に対応。画質や音声を犠牲にせず、高圧縮率を実現しました。データサイズが縮小できるため、より長時間の動画記録が行えます。

短い動画を手軽に編集できる「ビデオスナップ」

短い動画をつなぎ合わせて、1つのショートムービーを作成できるビデオスナップ機能を搭載。4秒/6秒/8秒のフルHD(30p)動画を撮影し、自由に並び替えたり、組み合せることが可能です。カメラに登録された3曲からBGMを選んで付けられます。

図ビデオスナップ

大画面モニターで鑑賞「HDMIミニコネクター」

動画の撮影後は、HDMIケーブル(別売)でテレビやモニターにダイレクト接続。美しい動画を大画面で手軽に再生できます。

充電/給電対応が可能「USB電源アダプター PD-E1」

別売のUSB電源アダプター PD-E1を使用すれば、充電時間の短縮、給電しながらの撮影が可能。ライブ配信やタイムラプス動画、星空撮影などの長時間撮影でも、バッテリー残量を気にせず撮影を行えます。

写真:USB電源アダプター PD-E1
USB電源アダプター
PD-E1 使用時
専用バッテリーチャージャー
CB-2LH/2LHE/2LHT 使用時
充電時間 約110分 約130分

動画のライブ配信

カメラからダイレクトに「ライブ配信サービス」

G7 X Mark IIIでは、撮影した映像をYouTubeにアップロードできるライブ配信サービスを搭載。配信方法は[今すぐ配信]と[イベント]の2種類。[今すぐ配信]では、Wi-Fi接続するだけで、パソコンやスマホを経由せずカメラからリアルタイムで配信可能です。[イベント]では、ブラウザー上からYouTubeに、配信日時やタイトル、公開範囲を事前登録することで、任意の設定で配信できます。非公開でのプレビュー配信により、事前の映像チェックもカメラのみで行えます。

作例:ライブ配信 イベント
作例:ライブ配信 ペット
  • 本製品のライブ配信サービスは、YouTubeでのライブ配信にのみ対応しています。ライブ配信サービスを利用する際は、事前にCANON iMAGE GATEWAYオンラインアルバム新しいウィンドウで開くへの登録が必要になります。YouTubeライブ配信にはYouTubeが定める「ライブ配信に関する制限」が設けてあり、モバイルデバイスでYouTubeライブを使用する場合には、1,000人以上のチャンネル登録者数が資格要件となっております。PowerShot G7 X Mark IIIを使ってのYouTubeライブ配信に関しましても、上記の要件が適用されます。最新の要件についてはこちら新しいウィンドウで開くをご参照ください。YouTubeでのライブ配信は、予告なく変更・停止・終了することがあります。YouTubeでのライブ配信を含め、第三者が提供するサービスについて、キヤノンはいかなる責任も負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • フルHD(30p)の動画データが配信されます。SDメモリーカードには記録されません。

音質にこだわる「外付けマイクに対応」

ステレオミニジャックのマイク端子を搭載。外付けマイクを使用すれば、動画撮影時や自分撮りでも音声を高品質に記録できます。

自分撮り動画がらくらく。モニター内に「動画記録ボタン」

G7 X Mark IIIは、モニター内に動画記録ボタンを配置。180°チルト回転させれば、動画記録ボタンが押しやすく、自分撮り動画も快適です。また、動画の撮影が途中で停止してしまった場合、画面に通知が表示されるので、動画記録の停止にすばやく気づくことができます。

  • 動画自動露出、動画マニュアル露出、HDR動画モードにおいて。
:動画記録ボタン

縦で撮った動画をスマホでも縦再生「縦位置情報の付加」

「縦位置情報の付加」を[する]に設定し動画撮影することで、スマホやタブレットでも自動的に縦位置で再生。YouTubeやSNSにも縦で表示されるため、撮影意図を反映したまま動画の共有・閲覧が可能です。

  • デバイスや撮影アプリによっては、縦位置で再生されない場合があります。
写真:縦位置情報の付加

注目すべきシーンをカメラが自動で抽出「動画再生時ハイライト表示」

撮影した動画をカメラが自動的に分析。動きのあるシーンなど、注目すべき時間のタイムバーを動画再生画面にハイライト表示します。モニターへのタッチやコントロールリングの操作で、ハイライトシーンを再生。撮影時間の長い動画でも見るべき部分がすぐにわかるので、効率的な映像チェックが可能です。

写真:動画再生時ハイライト表示