PowerShot SX620 HS | 高画質・高速AF

高倍率化、ダウンサイジングを両立

高画質&高倍率を実現した「光学25倍ズームレンズ」

SX620 HSに搭載された新開発ズームレンズ。高画質な光学25倍ズームを実現するべく、一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOSのLレンズにも採用されている非球面レンズを4枚採用するなど、高度なレンズ構成を実現。ズーム全域で美しい描写力を発揮します。

図:ズームレンズイメージ

高感度で撮影した静止画も、さらに美しく

撮影領域をさらに広げる「HS SYSTEM」

高感度時のノイズ発生を抑えた「高感度センサー」と、キヤノン独自の「映像エンジンDIGIC」との組み合せにより、高感度時も低ノイズで美しい写真を実現。デジタルカメラが苦手としていた暗いシーンなどに強く、撮影領域を拡大するシステムです。

図:HS SYSTEM

[高感度センサー]

高感度時のノイズ発生を抑えた高感度センサーにより、暗い場所でもすっきりキレイな写真を実現します。また、受光面を配線層の上側に配置した裏面照射型構造とすることで集光効率を上げ、高感度を達成したカメラ部有効画素数約2020万画素、1/2.3型のCMOSセンサーを採用しています。
図:高感度センサー概念図

[映像エンジンDIGIC]

高性能・高速な画像処理能力と、優れたノイズ除去テクノロジーにより、膨大なアルゴリズムを実行することで、ノイズを的確に除去・抑制するキヤノン独自の高性能映像エンジンです。これにより、高感度撮影時に発生しがちな画像ノイズを低減しつつ、高精細ですっきりキレイな画質を達成しています。
写真:DIGIC

「HS SYSTEM」がもたらすさまざまな効果

光量の少ないシーンも撮影可能な
「ISO3200」

ハイレベルな高感度性能を実現。夜景や室内といった光量の少ないシーンも、被写体のディテールまで鮮明に描き出します。HS SYSTEMにより、高感度撮影時に起こりやすいノイズを徹底的に抑え、クリアな画質を実現しました。
写真:ISO3200

広ダイナミックレンジを実現

光の明暗差が大きなシーンでも、白とび・黒つぶれを抑え、繊細に描き出します。
写真:ダイナミックレンジ拡大

狙った一瞬を、思いのままにとらえる高速オートフォーカス

スピードアップを実現した「高速オートフォーカス」

高倍率ズームでの撮影時も、被写体をすばやく捉えられます。ワイド端での撮影時においても、高速オートフォーカスを実現。約0.10秒のオートフォーカス時間と約0.14秒の撮影タイムラグを達成しました。

図:高速オートフォーカス
  • CIPA準拠。【AFスピードの測定条件】撮影モード:Pモード/Single AF(中央1点)。

決定的瞬間に力を発揮する「ハイスピード連写」

一瞬のシャッターチャンスを、1秒間に最高約7.1枚の高速連写で確実に捉えます(2592×1944画素)。ペットがフリスビーをキャッチする瞬間や、子どもがブランコに乗っているときの表情、スポーツをしている人物のファインプレーなど、シャッターチャンスを逃しません。

写真:「シーンモード」ハイスピード連写作例
  • Pモード「連続撮影」設定時には、最高約2.5枚/秒の撮影が可能。
  • 撮影シーンやカメラの設定、ズーム位置によっては、一定の間隔で撮影されなかったり、連続撮影の速度が遅くなることがあります。
  • フォーカスと露出は1枚目で固定されます。
  • 撮影枚数が多くなると、連続撮影の速度が遅くなることがあります。