一眼レフカメラ/ミラーレスカメラアクセサリー|スピードライト 470EX-AI概要

世界初、バウンス撮影の自動化を実現した先進モデル。 スピードライト 470EX-AI ※外部ストロボにおいて。2018年2月25日時点(キヤノン調べ)。

基本情報

スピードライト 470EX-AI
  • スピードライト 470EX-AI
  • スピードライト 470EX-AI
  • スピードライト 470EX-AI

NEW
スピードライト
470EX-AI

商品コード:1957C001
型番:SP470EX-AI
JANコード:4549292084641
(バウンスアダプター、ケース付き)

スピードライト・マクロライト LINEUP

スピードライトの使い方・効果がわかる Flash Work

特長

012種類のAIバウンス撮影モード

〈AI.Bフルオート〉適切なバウンス角に自動設定

図:比較(バウンス、スピードライト非発光、内蔵ストロボ発光)

ポートレート撮影時や物撮り時、スピードライトの光を天井や壁に一度バウンドさせることで、被写体に柔らかな光を当てるバウンス撮影。適切な照射角に設定するには知識が必要ですが、スピードライト 470EX-AIは姿勢を検知する加速度センサーと測距センサー、そして2基のCPUを搭載。適切なバウンス角と発光量を全自動で設定するAIバウンス撮影が可能。初心者でも簡単に、自然なバウンス撮影が行えます。

図:AIバウンス撮影の仕組み
図:内部構造

〈AI.Bセミオート〉手動でバウンス角を設定し、記憶させることも

図:バウンスモード切り換え

中級者にオススメなのが、AI.Bセミオート撮影です。手動で設定したバウンス角をスピードライトが記憶。シャッターボタンを2回半押しすることで、相対的なバウンス角として呼び出せます。カメラの向きを横位置/縦位置で切り換えても同じ光がすぐに作れるので、撮影に集中できます。

図:手動でバウンス角を設定し[ANGLE SET]を押します。カメラの向きを縦位置に変更します。シャッターボタンを2回半押しします。記憶した角度に自動調整されます。

動画で見るAIバウンス撮影

スピードライト 470EX-AIの使い方やフルオートとセミオートの違いがよくわかります。

動画:AI.Bフルオート AI.Bフルオート動画
動画:AI.Bセミオート AI.Bセミオート動画
  • 動画はイメージです。

02ガイドナンバー47、24-105mmの画角に対応

図:ガイドナンバー比較図

最大ガイドナンバーは大光量の47。遠くまで光を届けることができるので望遠撮影時に対応できるほか、光量が減衰するバウンス撮影時にも安心して使用できます。また、照射角は24~105mm(35mm判換算)をカバー。内蔵のワイドパネルを使用することで、焦点距離14mmにも対応。広角レンズ使用時でも画面の隅まで光を回すことが可能です。

  • ガイドナンバー47:照射角105mm設定時、ISO100・m(35mm判換算)。

03自由度の高い可動領域

図:可動領域

バウンス設定角度は上方向120°、左右各180°と、スピードライト 430EX III-RTに比べて可動領域が拡大。近距離の被写体にも、より適切な角度で光を照射できます。

042種類のAF補助光を搭載

ピントが合いにくい、暗い場所や低コントラストなシーンでの撮影では、AF補助光が自動投光され、合焦をサポートします。スピードライト 470EX-AIに搭載されているAF補助光は、投光方式を2種類から選択できます。

アイコン:赤外光方式(初期設定)赤外光方式(初期設定)

AF補助光の投光部が光り、バウンス撮影時でも被写体に対してまっすぐに投光。画面中央部に、強い光を照射できます。

アイコン:ストロボ間欠発光方式ストロボ間欠発光方式

発光部が連続的に光り、画面全体を照射できます。周辺AFフレーム選択時にも有効です。

05視認性と操作性に優れた表示パネル

表示パネル

表示パネルには、見たい項目を見やすい大きさと場所に表示できる「ドットマトリックス液晶」を採用。画面のサイズはスピードライト 430EX III-RTよりさらに大きい172×88ドット。視認性の高い画面を実現しています。また、「十字キー」「選択/設定ボタン」「ダイヤル」を一体化させた「電子ダイヤル」を採用。スムーズで素早い設定変更が可能です。

06より理想の光に仕上げる、2つの同梱アクセサリー

「バウンスアダプター SBA-E4」は、バウンス撮影時に光を拡散させて和らげ、被写体の影を抑えます。また、発光部に組み込まれた「ワイドパネル」は、光を焦点距離14mm(35mm判換算)の画角まで広げることが可能。アクセサリーの使用により、さらに柔軟に光を調節できます。

作例:バウンスアダプターSBA-E4(付属)
作例:ワイドパネル

その他の主な機能

●色温度情報通信機能を搭載
スピードライト発光時のホワイトバランスを調整できます。
●光通信ワイヤレスレシーバー搭載
光通信によるワイヤレスストロボ撮影が可能です(センダー機能はありません)。
●E-TTL II / E-TTL自動調光に対応
被写体も背景も適正露出で描写できます。
●コンパクト設計
AIバウンス機能を搭載しながら、約W74.6×H130.4×D105.1mm、約385g(電池別)の小型・軽量を実現。

対応カメラ

ALL(EOS M100、EOS M10を除く)
EOSカメラとの組み合せ使用時の機能一覧詳細へ

サポート情報

その他のスピードライト

このページのトップへ