Flash Work EOS/EOS DIGITAL + SPEEDLITE
E-TTLIIテクノロジー
多彩な機能
FEB
ストロボ調光補正
自動低減コントロール
マニュアル発光
後幕・先幕シンクロ
マルチ発光
マクロ撮影
ライティングテクニック
機能一覧
用語解説
トップページへ
イオスのトップページへ
ストロボ調光補正
光にも、経験や技術をプラスできる。
写真:ストロボ調光補正(-1段)、カメラ側露出補正(-1段)
ストロボ調光補正(-1段)、カメラ側露出補正(-1段)EF24mm F1.4L USM・1/4・F5.6
作例研究
写真:調光補正なし
調光補正なし
室内と室外の明るさが極端に異なり、全体としては暗いシーン。通常のストロボ光では室内を適正露出にできますが、室外は露出オーバーとなります。太陽光の下の被写体も写しとりたかったため、ストロボの調光量を-1に控えると同時に、カメラ側でも-1の露出補正をかけしまた。室外が適正露出に近づき、室内とのつながりもナチュラルに。1枚の写真のなかで、会話するふたりの雰囲気を表現できました。
よりデリケートな「光の演出」を可能にする。ストロボ調光補正
ストロボ調光補正は、ストロボの光量を任意で調整できる機能です。これを応用することで、極端に明るさのちがうシーンを1枚の写真の中でより自然になじませるなど、微妙な表現が可能になります。補正量は、カメラに応じて1/2または1/3段ステップ、-3~+3段で設定できます。
FEBのページへ 自動低減コントロールのページへ
ページトップへ
このページのトップへ