ストロボ機能設定ガイド

カメラからもストロボ設定ができる!ストロボ機能設定ガイド キヤノンのカメラと組み合わせれば、カメラ背面のタッチパネルでストロボ設定が効率よく簡単に行えます。

ボタンカスタマイズ

カメラのボタンカスタマイズ機能で、AEロックボタンなどに「ストロボ機能設定」メニューをダイレクトに割り当てられます。さらに、ミラーレスカメラであれば、EVF(電子ビューファインダー)から目を離すことなく設定変更へアクセスできます。

対応カメラ

下記スピードライトから「機能一覧表」の項目[カメラのストロボメニュー]でご確認ください。

設定手順 (AEロックボタンに割り当てる場合)

STEP1

カメラの「ボタンカスタイマイズ」を選択します。

図:ボタンカスタマイズ STEP1

STEP2

「AEロックボタン」を選択し「ストロボ機能設定」を表示させて決定。これで「AEロックボタン」に「ストロボ機能設定」が割り当てられました。

図:ボタンカスタマイズ STEP2-1
図:ボタンカスタマイズ STEP2-2

STEP3

カメラの「AEロックボタン」を押すと、瞬時に「ストロボ機能設定」が表示されます。

図:ボタンカスタマイズ STEP3

ダイヤルカスタマイズ

EOS Rシステムでは、ダイヤルカスタマイズ機能で、コントロールリングに「調光補正機能」を割り当てられます。E-TTL撮影で、EVF(電子ビューファインダー)のプレビューを確認しながら、即時に設定を変更して撮影を続けることができます。

対応カメラ

下記スピードライトから「機能一覧表」の項目[カメラのストロボメニュー]でご確認ください。さらに、RFレンズ/コントロールリング付きマウントアダプターでご使用いただけます。

設定手順

STEP1

カメラの「ダイヤルカスタイマイズ」を選択します。

図:ダイヤルカスタイマイズ STEP1

STEP2

「コントロールリング」を選択し「調光補正」を表示させて決定。これで「コントロールリング」に「調光補正」が割り当てられました。

図:ダイヤルカスタイマイズ STEP2

STEP3

コントロールリングを回転させることで即時に調光補正量を変更することができます。

図:ダイヤルカスタイマイズ STEP3-1
図:ダイヤルカスタイマイズ STEP3-2

【便利機能!】モデリングランプの点灯設定

「ストロボカスタム機能設定」で、シャッターボタンを2回半押しすると、モデリングランプを点灯できます。

図:モデリングランプ