Flash Work EOS/EOS DIGITAL + SPEEDLITE
E-TTLIIテクノロジー
多彩な機能
マクロ撮影
ライティングテクニック
バウンス
ワイヤレス多灯
主光源と補助光源
機能一覧
用語解説
トップページへ
イオスのトップページへ
ワイヤレス多灯
光をどう組み合せるか。感性の数だけ表現が生まれる。
写真:多ライティング(3灯)
多ライティング(3灯)   EF50mm F1.4 USM・1/60・F2.8
作例研究
写真:1灯ライティング(直接光)
1灯ライティング(直接光)
1灯の直接光では平面的なばかりか、強い影が出てしまい、モティーフの美しさが表現できません(サブカット)。このため、3灯のバウンスライティングを行った例がメインカットです。主光源(A)に加え、影を消すために補助光源を1灯(A)、さらに背後にアクセントライトを入れるために1灯(B)を配置。その結果、それぞれのモティーフの存在感と立体感が高まるとともに、バイオリン独特の複雑な曲面も鮮やかに捉えることができました。
写真表現の幅を広げる。ワイヤレス多灯ライティング
影を消す。陰影をコントロールする。背景の雰囲気を描写する。主光源となる1灯に加え、複数の補助光を加えることで、写真表現の幅は大きく広がります。 多灯ライティングでは、同じシーンであっても、どのように補助光を活用するかで、さまざまなバリエーションが可能。まず基本となる主光源1灯を決めて、補助光をプラスしていくとセッティングがスムーズです。 EOS/EOS DIGITALとスピードライトEXシリーズのコンビネーションでは、フルオートでワイヤレス多灯ストロボ撮影ができます。さらに、ストロボをグループ分けして光量比を調整するなど、きめ細かな制御も簡単。ライティングの結果をモニターで即座に確認できるため、安心して多灯ストロボ撮影にチャレンジできます。
撮影者の個性やアイデアがダイレクトに反映されるぶん、奥が深く、表現の楽しみが実感できるライティング・テクニックのひとつです。
写真:主光源1灯 写真:主光写真:源1灯+補助光源1灯 写真:主光源1灯+補助光源2灯
直接光では強い影が出てしまうため、まずカメラ側の壁を使ってバウンスライティング。柔らかな光と影となりました。 さらに影を完全に消すため、カメラと反対側の壁にもバウンスライティングを行いました。 メリハリにも欠ける印象だったため、中心のバイオリンの背後にストロボを設置。壁との距離が近いためディフューザーで光をやわらげてバウンスさせ、アクセントライトとしました。
ストロボ配置図 ストロボ配置図 ストロボ配置図
バウンスのページへ 主光源と補助光源のページへ
ページトップへ
このページのトップへ