パーソナル向けスキャナーCanoScan LiDE 400特長

CanoScan LiDE 400 コンセント不要で、運びやすい軽量ボディ。文書のスキャンがはかどる高精細CISモデル。

上質なデザインの軽量コンパクトボディ

持ち運びやすく、置き場所を選ばない軽量コンパクト設計です。またヘアラインシボ加工を施した天板のデザインが、高級感を演出します。

コンセント不要、USBケーブルをつなぐだけのワンプラグスキャン

写真:USBケーブルでパソコンと接続

同梱のUSBケーブルでPCにつなぐだけでスキャン可能。USB Type-Cに対応し使い勝手も向上しました。モバイル利用に最適なコンパクトモデルです。

高速スキャン

約8秒※1の高速スキャンを実現し、作業効率アップに貢献します。文字がくっきり見やすい高精細スキャンも魅力です。

原稿判別&補正までかんたん「おまかせスキャン」

原稿をセットして、本体の「AUTO SCAN」ボタンを押すだけで、原稿の種類の判別、その原稿に適した設定でのスキャン、さらにファイルの保存まで自動で実行します。解像度や画像処理の設定など面倒な手順が省略できるので、すばやく快適にスキャニングが行えます。

LIDE技術を駆使した4800dpi CISによる高精細スキャン

スキャナーの小型軽量化・省電力化に大きく貢献するキヤノン独自のLIDE(LED Indirect Exposure)技術を搭載したコンタクトイメージセンサーを採用。スリムなボディーにもかかわらず、等倍光学系ならではの高い解像力、感度の向上やノイズの低減を実現しています。

各機能へスムーズにアクセス、かんたん操作の5EZ(イージー)ボタン

「おまかせスキャン」に対応した使用頻度の高い「AUTO SCAN」ボタンを中央に配置。「PDF」ボタンは作成ボタンに加え、終了ボタンを追加し、複数ページのPDF作成・保存がより手際よく行えます。

画面:EZ(イージー)ボタン
1.PDFボタン
ドキュメントなどを直接PDFファイルに変換。テキスト情報も自動的に付加。
2.PDF終了ボタン
複数ページのPDF作成後、ボタンを押すだけで一括保存が可能。
3.AUTO SCANボタン
原稿の種類を自動判別し、適切な設定でスキャン・保存。
4.COPYボタン
取り込んだドキュメントや画像をプリンターに出力するカラーコピー機能。
5.SENDボタン
スキャン画像を指定したクラウドサービスに保存。

厚手原稿をスキャンできる「Advanced Z-Lid」

写真:厚手原稿をスキャン

原稿台カバーを持ち上げて、最大21mmの厚手原稿をスキャン可能。ハードカバーの分厚い本なども簡単に美しくスキャンできます。

立て置きのままスキャン可能

写真:立て置きのままスキャン可能

付属スタンドを使えば、立て置きが可能。立て置きのままA4サイズまでの定型書類をスキャンでき、より省スペースで快適に使えます。

PDF ファイルの作成

テキスト付きPDF

スキャン時に読み取ったテキストデータ※1をファイルに添付。単語による検索も可能になります。

高圧縮 PDF

PDFファイルのデータ容量を、さらに圧縮して保存できます。

入れ替えも可能な複数ページPDF

複数ページの原稿を1つのPDFファイルにまとめられます。作成時にサムネイルを見ながらページの順番を入れ替えることも可能です。

PDFファイルへのセキュリティー設定機能

ファイル閲覧時、印刷・編集時、それぞれの場合に対応したパスワードの設定が可能です。

スキャンしたドキュメントが美しい「自動文書補正」

高度な分析処理により、文字/画像/背景などの領域を判定。その領域に対して、それぞれ適した補正を行います。文字はよりはっきりと、画像は階調性を保持したまま美しい読み取りを実現。新聞・雑誌・書類などのスキャンに効果を発揮します。

図:自動文書補正によるオリジナル原稿との比較結果:背景が白となり文字の視認性が向上、黒々として引き締まった文字、コントラストを保持し好適な画像、小さい文字もエッジ強調処理により読みやすい文字に

厚みのある本のスキャンに「とじ部の影補正」

厚手の書籍を見開き状態でスキャンした際に出やすい「とじ部分」の影を検出し、目立たなくするよう自動で補正します。

効果が一覧で確認できる「色調整のパターン表示」

画面:色調整のパターン表示

スキャン画像の色合いを調整する際に便利な機能です。プレビュー画像のサムネイルに異なるカラーバランス調整値を与え、同一画面上にパターン化して表示します。サムネイルを見比べながら、好みのカラーバランスが選択できます(基本モードのみ)。

  • Windowsのみ

CanoScan 共通特長

CanoScanに共通した製品の特長を詳しくご紹介します。

このページのトップへ