カードプリンターICカード社員証の導入実態調査レポート 2018

カードプリンター ICカード社員証の導入実態調査レポート 2018

キヤノンマーケティングジャパンでは、全国1,000名の人事総務部門の方を対象に、ICカード社員証の導入状況のアンケートを実施しました。働き方改革においての人事総務部門に求められる課題のトップは「労働時間の管理」でした。この労働時間の管理方法の1つとして注目を浴びるICカード社員証の導入状況を中心に調査しました。

調査概要

調査方法
インターネット調査
調査対象
農業・林業・漁業・鉱業・印刷業は除く、20~60歳の正社員で「人事・総務」担当者。
社員証・職員証の作成・発注・管理に携わる人。デザインなどの業務に携わる人は除外。
回収数
1,000サンプル
調査期間
2018年8月30日~2018年8月31日
調査機関
楽天インサイト株式会社

おもな調査結果

働き方改革で人事・総務に求められる課題

働き方改革において、人事・総務部門が求められている課題は、長時間労働が問題視されている現状をうけて、「労働時間の管理(63.3%)」が断トツでした。
次いで、ノー残業デー(30.4%)、育児・介護休暇の取得促進(26.9%)、育児や介護のための時短制度(26.6%)なども上位にあがりました。

働き方改革で人事総務に求められる課題

ICカード社員証の導入状況

社員証・職員証として、ICカードを使用している企業は全体の6割を超えます。
現在ICカード化を検討している企業も含めると、ICカード社員証は今後8割を超える見込みです。

ICカード社員証職員証の導入状況

ICカード社員証に持たせている機能

すでにICカードを導入している企業の使用目的として、現在トップに挙げられているのは入退室の管理(86.4%)です。次いで多いのが勤怠の管理(64.8%)でした。これに対し、検討中の企業が持たせたいと考えている機能は入退室の管理(84.8%)と勤怠の管理(84.3%)が並び、さらにログイン認証などのPCのセキュリティー(67.1%)が高くなっています。セキュリティー面に関しては、個人情報保護法の改正などによる2要素認証の流れを受けて、今後重視される機能となっています。

ICカード社員証職員証で連携している機能

ダウンロード資料の詳細

「ICカード社員証の導入実態調査レポート 2018」の目次です。

  1. 働き方改革で人事・総務に求められる課題
  2. ICカード社員証の導入状況
    ICカードの種類はFeliCa?Mifare?
  3. ICカード社員証に持たせている機能
  4. ICカード社員証を導入する際の重視点
  5. ICカード社員証の作成方法
  6. ICカード社員証を内製する理由
  7. キヤノンのICカードインクジェット印刷についての興味・関心
この資料を無料ダウンロードする
このページのトップへ