カードプリンターインクジェット対応ICカード FeliCa Lite-S版IC
カードの作成・印刷方法

ICカードの作成・印刷なら、インクジェット対応ICカードが
おすすめ

ICカードを作成・印刷する際、外注か内製か、内製するとしたらプリンターはどれにすべきかが判断基準になります。
従来のICカードでは、券面に印刷したい場合に昇華型熱転写方式プリンターを使用するしかありませんでした。昇華型熱転写方式のプリンターの場合、印字速度が遅い、機器の取扱が難しい、使用済インクリボンの廃棄に気を使うなどの課題がありました。インクジェット印刷対応ICカードは、インクジェット方式のカードプリンターCX-G6400 / CX-G2400での印刷に対応し、高速かつ安価なコストでICカード印刷を実現できます。

社員証や学生証などのICカードの作成・印刷業務でこんなお悩みはありませんか?

外注の場合・・・

昇華型方式のプリンターで作成・印刷している場合・・・

ICカード作成・印刷時の課題を「インクジェット対応ICカード」とキヤノンカードプリンターで解決

おもな導入効果

ICカードの価格比較(FeliCa Lite-Sの場合)

キヤノンカードプリンターなら、外注と比較し1枚から安価に、昇華型プリンターと比較しても圧倒的な印字速度でFeliCa Lite-S版ICカードを作成可能です。

発注枚数 外注 キヤノンカードプリンター 昇華型プリンター
10枚 約1,320円/枚※1 約352円/枚
(メディア約350円+インク約2円~)
約350円/枚
(メディア約300円+インク約50円)
50枚 約840円/枚※1
納期 1~2週間程度 オンデマンド
約40枚/分(可変データの場合)
オンデマンド
約2.4枚/分

コスト測定画像サンプル

サンプル画像インクジェット対応ICカード FeliCa Lite-S版

インクジェット対応ICカードは、かんたん3ステップ作成

キヤノンカードプリンターなら、外注と比較し1枚から安価に、昇華型プリンターと比較しても圧倒的な印字速度でFeliCa Lite-S版ICカードを作成可能です。

ICカード作成の流れ

(1)年賀状ソフトのように、データベースから選択し印刷 (2)インクジェットICカード券面に社員証を印刷 (3)複合機にかざして、認証テーブルへ登録 (3)市販のICカードリーダー・ライターにかざして、認証テーブルへ登録

例 ICカードと勤怠/入退室システムなどのデータベースとIDmの紐付けについて

Felica Lite-S版ICカードの場合、IDmでデータベースと紐付けをする運用が一般的です。勤怠/入退室システムなどの画面を開き、ICカードリーダーにICカードをかざすことで、IDmを登録することが多いです。

IDmについて

Felica(フェリカ)のIDmとは製造工程でICチップに記録される8バイト(16桁)の固有の製造番号です。ICカードのオープンエリアに書き込まれており、IDカードの入退室管理システムや勤怠管理システムなどでは、このIDmを認証キーとして利用されるケースもあります。

勤怠/入退室システムなどデータベース ICカードリーダー

システム構成

カードプリンター(CX-G2400 / CX-G6400)+名刺・カード作成ソフトウエア(ImageCreate SE)+Felica Lite-S版(インクジェット対応ICカード)

おすすめコンテンツ

この続きは資料で確認!こちらからダウンロードできます。 インクジェット対応ICカードご紹介資料 無料PDFをダウンロードする
今ならICカードの無料サンプルプレゼント実施中! ご利用中の勤怠システムなどの各種システムの動作確認用としてもご利用可能です。
このページのトップへ