カードプリンターImageCreate SE 券面追記専用版特長

4種のテンプレートを標準収録

追記業務で使用する4種のテンプレート(個人番号カード、通知カード、在留カード、特別永住者証明書)を収録。赤枠のテキストオブジェクトに入力変更可能。

左上:個人番号カード 左下:在留カード 右上:通知カード 右下:特別永住者証明書

容易なテンプレート選択&切り替え

アプリケーションの起動時の選択、およびメイン画面からも容易にテンプレートを切り替え可能。様々な追記業務を行わなければならない窓口業務の担当者の負担を軽減します。

左:起動メニュー画面イメージ 右:メイン画面イメージ、テンプレートは1クリックで容易に変更可能

直感操作で触れるインターフェースデザイン

追記業務に特化したシンプルなUI設計を追求。文字入力や公印画像の貼り付けがかんたんに行えます。

文字入力 左:追記業務に特化したシンプルなUI設計、テンプレートを開くと入力データエリアにカーソルがフォーカス 右:入力プロパティエリアイメージ:、デフォルト設定は「折り返し」
公印画像の貼付け:公印画像の貼付けも可能、メニュー選択で選択ダイアログ表示

印刷履歴の保存機能

「いつ?どのデータを?どこに?何枚?印刷したか」の履歴は自動保存されるため、出力履歴の別管理が不要です。前月までの印刷履歴は、月ごとに自動でファイルに保存(CSV形式)されます。

以下の印刷履歴を保存。 1.印刷作業を行ったPC名&ログインユーザーID(窓口購買を識別する情報) 2.印刷した時間 3.印刷したプリンター名 4.印刷した実データ(テキストデータのみ) 5.印刷した枚数

個人情報を残さないデータ保存不可機能

「上書き保存」「名前を付けて保存」「最近使ったファイル」といった、一般的なアプリケーションに通常標準で実装されている保存機能を削除し、入力データの保存は不可に。アプリケーションからの予期せぬ個人情報の流出を未然に防止します。

追記入力時の操作手順

  1. 「起動メニュー」画面でテンプレートをクリック。
  2. 「入力行」画面で入力したい行を指定し、テンプレートを開く。
  3. 「メイン」画面で入力データ欄に文字を入力。
    • 2の入力行画面で選択した行数は、メイン画面に反映します。
  4. 「クイック印刷」アイコンをクリック。

プリンターにカードをセットすると、約5~10秒で印刷されます。

このページのトップへ