インクジェットプリンターG7030仕様

G7030 ファクス機能を搭載。優れたコストダウンを実現するギガタンク搭載複合機。

主な仕様

インク4色(独立インクタンク)
プリントヘッド各色ノズル数C/M/Y×各384ノズル、顔料BK×640ノズル
総ノズル数計1792ノズル
最高解像度(dpi)4800※1(横)×1200(縦)
使用可能用紙サイズ 後トレイA4、A5、B5、レター、リーガル、洋形封筒4号/6号、長形封筒3号/4号、商用10号封筒、DL封筒、はがき※2、郵便往復はがき※3、名刺※4、L判※4、KGサイズ※4、2L判※4、六切※4、スクエア(127mm)※4、スクエア(89mm)※4
カセットA4、A5、B5、レター
使用可能用紙種類 後トレイ普通紙、光沢紙※4、マット紙※4、 郵便はがき、インクジェット郵便はがき、インクジェット光沢郵便はがき、当社純正はがき、郵便往復はがき※3、封筒、フォトシールセット※4、貼ってはがせるプリントシール※4、オリジナルマグネットシート※4、アイロンプリントシート(カラー生地用のみ)※4
カセット普通紙
自動両面プリント可能用紙普通紙(A4、A5、B5、レター)
プリント必要マージン※5
(カット紙)
フチなし
プリント時※6
上下左右:0mm (対応用紙サイズ:A4・はがき※2・名刺・レター・L判・2L判・KGサイズ・六切・スクエア(127mm×127mm)・スクエア(89mm×89mm))
通常時上端:3mm、下端:5mm、左右:各3.4mm(レター・リーガルは左6.4mm、右6.3mm)、
洋形封筒4号/6号・DL封筒・商用10号封筒は上端:8mm、下端:12.7mm、左右:各5.6mm(長形封筒3号/4号は下5mm)、
スクエア(127mm)は上下左右6mm、スクエア(89mm)は上下左右5mm
自動両面
プリント時
上端:5mm、下端:5mm、左右:各3.4mm(レター・リーガルは左:6.4mm、右:6.3mm)
給紙方式後トレイ/カセット
給紙可能枚数
(最大積載枚数)
普通紙
後トレイ100枚/カセット250枚
郵便はがき
40枚(後トレイのみ)
カラー液晶モニター2行モノクロ
インターフェイス(PC用)IEEE802.11n/IEEE802.11g/IEEE802.11b、
100BASE-TX/10BASE-T、Hi-Speed USB※7
※ Wi-Fiと有線LANは同時使用不可
対応インクボトルGI-30C/GI-30M/GI-30Y/GI-30PGBK
インク残量検知機能電極式+ドットカウント方式
稼働音※8約47.0dB(A)
動作環境温度:5~35℃、湿度:10~90%
(ただし、結露しないこと)
消費電力※9 コピー時
(USB接続時)
約15W
待機時
(USB接続時)
約1.0W
電源AC100V 50/60Hz
外形寸法
(横幅×奥行き×高さ)
※カセット収納時 トレイ類/
突起部を含まず
約403×369×234(mm)
質量
(プリントヘッド、インクボトルを含む)
約9.6kg
主な付属品インクボトル ※10GI-30C/30M/30Y/30PGBK(2本)
USBケーブル
その他セットアップCD-ROM※11
設置・基本操作マニュアル(紙)※12

対応OS

対応OS情報をご覧ください。対応OS一覧へ

コピー基本仕様

最大複写サイズA4/レター(原稿台)、A4/レター/リーガル(ADF部)
ADF原稿セット可能枚数A4/レター:35枚、リーガル:5枚
使用可能用紙 サイズA4、A5、B5、レター、L判、2L判、KGサイズ、はがき※1、名刺
紙種普通紙、キヤノン写真用紙・光沢 プロ [プラチナグレード] 、キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド、キヤノン写真用紙・微粒面光沢 ラスター、キヤノン写真用紙・絹目調、キヤノン写真用紙・光沢 スタンダード、マットフォトペーパー、インクジェット郵便はがき、インクジェット光沢郵便はがき、キヤノン写真はがき・光沢、キヤノン写真はがき・マット
濃度調整9段階/オート(自動濃度調整)
連続コピー枚数 モノクロ/
カラー
1~99枚
拡大/縮小 定型変倍はがき→A4(200%)、A5→A4(141%)、B5→A4(115%)、A4→B5(86%)、A4→A5(70%)、A4→はがき(47%)
ズーム25% ~ 400%(1%刻み)
自動変倍あり
その他コピー機能両面コピー(A4/レターサイズの普通紙のみ)、ページ順コピー(ADF使用時のみ)、フチなしコピー※2、4in1/2in1コピー、枠消しコピー、IDコピー
補正自動写真補正、色あせ補正

スキャナー基本仕様

型式フラットベッド型(ADF付き)
センサータイプCIS
解像度(dpi) 光学解像度
(主走査×副走査)
1200×2400
階調(入力/出力) グレースケール16bit/8bit
カラーRGB各色16bit/8bit
読み取り速度※1 グレースケール/
モノクロ2値
1.5msec/line(300dpi)
カラー3.5msec/line(300dpi)
最大原稿サイズ 原稿台A4/レター
ADFA4/レター/リーガル
スキャナードライバーTWAIN準拠/WIA(Windowsのみ)

ファクス基本仕様

適合回線一般加入電話回線(PSTN)
相互交信G3/スーパーG3(白黒、カラーFAX)
電送速度 モノクロ約3秒/ページ(33.6kbpsの場合)※1
カラー約1分/ページ(33.6kbpsの場合)※2
読取走査線密度 モノクロ8pels/mm×3.85lines/mm(標準)
8pels/mm×7.7lines/mm(ファイン)、(写真)
300×300dpi(ファインEX)
カラー200×200dpi
記録紙サイズA4、レター、リーガル(普通紙のみ)
モデム速度33,600/31,200/28,800/26,400/24,000/21,600/19,200/
16,800/14,400/12,000/9,600/7,200/4,800/2,400bps
(自動フォールバック機能付き)
データ圧縮方式 モノクロMH、MR、MMR
カラーJPEG
階調 モノクロ256階調
カラー24bit フルカラー(各色8bit)
ダイヤル 短縮ダイヤルなし
グループ
ダイヤル
最大19件
メモリー代行受信※3最大約50ページ/最大20件
その他の機能同報送信(最大21件)、リモート受信、ECM送信(自動誤り訂正送信)、自動リダイヤル、通信管理レポート、エラー送信レポート、発信元情報、受信拒否、FAX番号確認入力、送信先のFAX情報確認
PC
ファクス
型式ファクスモデム
宛先数1宛先、モノクロ送信機能のみ

下記の接続方法は代表例です。すべての接続を保証するものではありません。

図:ADSL回線に接続する場合

図:光回線(ひかり電話)に接続する場合

PictBridge(カメラダイレクト)基本仕様

接続方法Wi-Fi
対応機種「PictBridge(Wi-Fi)」に対応した
デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、
カメラ付き携帯電話





レイ
アウト
1面(フチあり/フチなし※1)/
インデックス印刷
対応
画像番号印刷対応
ベタ焼き風35面インデックス印刷対応
撮影情報付印刷(20面/1面)対応
補正機能自動写真補正対応
マニュアル色調整
トリミング機能対応

ネットワーク基本仕様

プロトコルTCP/IP、SNMP(標準MIB対応)
Wi-Fi 準拠規格IEEE802.11n/IEEE802.11g/IEEE802.11b
周波数2.4GHz帯
チャンネル1-13
セキュリティーWPA-PSK、WPA2-PSK、WEP(64/128bit)、 パスワードによるアクセス制御
簡単設定らくらく無線スタート、AOSS、WPS
有線 準拠規格IEEE802.3u(100BASE-TX)/IEEE802.3(10BASE-T)
伝送速度10M/100Mbps(自動切替)
  • Wi-Fiと有線LANは同時使用不可。また、Wi-Fi接続の場合、ダイレクト接続時以外はWi-Fiルーターが必要です。有線LANの場合はネットワーク機器(ルーターなど)が必要です。

電波干渉に関するご注意

本製品の使用周波数帯では、電子レンジ等の産業・科学・医療用機器のほか工場の製造ライン等で使用されている移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)及び特定小電力無線局(免許を要しない無線局)並びにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。

  1. 本製品を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局及び特定小電力無線局並びにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。
  2. 万一、本製品から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、速やかに使用周波数を変更するか又は電波の発射を停止した上、「サポートガイド」を参照し、混信回避のための処置等(例えば、パーティションの設置など)についてご相談してください。
  3. その他、本製品から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、「サポートガイド」を参照し、お問い合わせください。
  4. 下記の表示のある無線機器は2.4GHz 帯を使用しています。変調方式としてDS-SS またはOFDM 変調方式を採用し、移動体識別装置の構内無線局に対して想定される与干渉距離は40m です。全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域を回避可能です。
    マーク:2.4GHz 帯使用マーク

印刷およびコピースピード

印刷スピード

L判フチなし写真(カラー)
(1枚の印刷時間)
キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド約37秒
A4普通紙
(ISO/IEC 24734に基づく測定数値)
カラー約6.8ipm
モノクロ約13.0ipm

コピースピード

A4カラー文書の原稿台コピースピード
(ISO/IEC 29183に基づく測定数値)
普通紙カラー約22秒
(1枚のコピーに必要な時間)
  • キヤノンは、ISO(国際標準化機構)にて策定された業界標準「プリンタ/複写機生産性測定方法規格(ISO/IEC 24734および24735、29183)」に基づいた普通紙でのプリント、コピーの測定方法および表記を採用しました。
  • なお、「ipm」とは「image per minute」の略であり、1分あたりに出力できる枚数もしくは面の数を示します。
  • 詳しくは、上記リンク「測定環境について」をクリックしてご確認ください。
 

印刷コスト

A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税込) 普通紙約1.0円
A4普通紙(モノクロ文書)のインクコスト(税込) 普通紙約0.5円

消耗品はキヤノン純正品のご使用をお薦めします

ご利用にあたって

法律により、以下の複製物を所有するだけでも罰せられるものがありますのでご注意ください。

  1. 国内外で流通する紙幣・貨幣・政府発行の有価証券・国債証券・地方債証券。
  2. 未使用の郵便切手・郵便ハガキ。
  3. 政府発行の印紙類。

著作権の目的となっている書籍・音楽・絵画・版画・地図・映画・図面・写真などの著作物は個人的に、または家庭内その他これに準ずる限られた範囲で使用するためにコピーすること以外は禁じられています。

紙幣、有価証券などをプリンターで出力すると、その出力物の使用如何に拘わらず、法律に違反し、罰せられます。

関連法律
  • 刑法 第148条、第149条、第162条
  • 通貨及証券模造取締法 第1条、第2条 等

ご購入の前に

  • Gシリーズの修理対応期間は、製造打ち切り後5年間です。
    一部の機種では弊社の判断により、アフターサービスとして同一機種または同程度の仕様製品への本体交換を実施させていただく場合があります。同程度の機種との交換の場合、交換前の機種でご使用の消耗品や付属品をご使用いただけないことや、対応OSが変更になることがあります。修理対応期間の終了予定時期などの詳細は、キヤノンサポートページにてご確認ください。
  • 付属のインクボトルを取り付けて初めてプリンターをご使用になる際には、プリントヘッドのノズルにインクを満たして印刷可能な状態にするためインクを消費します。このため、付属のインクボトルで印刷できる枚数が、2回目以降に取り付けるインクボトルで印刷できる枚数より少なくなります。
  • 記載されている印刷コストは、プリンターのご購入後最初にセットしたインクボトルではなく、2回目以降に取り付けたインクボトルを使用して算出しています。
  • 使用を継続すると、インク吸収体が満杯になる場合があります。満杯になると印刷ができなくなり、インク吸収体の交換が必要になります。その際は、修理受付窓口へインク吸収体の交換を依頼してください。お客様ご自身による交換はできません。保証期間経過後は有償になります。
  • ピクサスの無償修理保証期間は、お買い上げ後1年間です。
  • 消耗品類(用紙、インクボトル)は、保証の対象になりません。
  • 記載の価格には、搬入料・設置料は含まれていません。
  • 本商品ならびに関連する消耗品、サービス役務につきましては、別途消費税を申し受けますのでご了承ください。
  • USBケーブルは付属しておりません。また、LANケーブルは付属しておりません。別途ご購入ください。

ご使用について

環境への取り組み

省エネ製品として「国際エネルギースタープログラム」基準適合

国際エネルギースタープログラムとは、日米両政府の合意のもとに実施されている国際的なオフィス機器の省エネルギー制度です。製品の稼働、スリープ、オフ時の消費電力などについて省エネの基準が設定され、ピクサスはこの基準に適合しています。

有害物質を廃除する「RoHS」対応

電気・電子機器の生産から処分に至る全段階で、鉛、水銀、カドミウム、6価クロム、PBB、PBDEという6種の特定化学物質の使用を禁じる「RoHS」指令に対応しています。

環境への負荷低減に貢献し「グリーン購入法」適合

ピクサスおよび純正インクカートリッジは、エネルギーの消費を効率的に抑える製品の開発・普及を目的とした、グリーン購入法(国などによる環境物品などの調達の推進などに関する法律)に適合しています。

商標について

記載について

このページのトップへ