EOS C200/EOS C200B | 表現力

新規RAWフォーマット Cinema RAW Light 対応

グレーディングの自由度はそのままに、ファイル容量がCinema RAWに比べ約1/3~1/5 と軽い新規収録フォーマット(Cinema RAW Light)を採用。外部レコーダーなしで、CFastカードに高品質なRAWフォーマットを記録することが可能。さらに、オフライン編集に便利なプロキシデータ(MP4)をSDカードに同時記録することもできます。

図:データ容量と出力デバイス
Cinema RAW Light

DCI 4K 60P/50P 記録

解像度 カラーサンプリング ビットレート システム周波数/フレームレート 記録カード
59.94Hz 50.00Hz 24.00Hz
59.94P 29.97P 23.98P 50.00P 25.00P 24.00P
4096×2160 10 bit 1Gbps CFast2.0
12 bit 1Gbps
2048×1080
(Proxy)
YCbCr 4:2:0
8 bit
約35Mbps
Long GOP
SD
  • 2Kのプロキシデータを、Cinema RAW Lightの収録と同時に、SDカードに記録可能です。

XF-AVC UHD 60P記録に対応

高画質な動画を高効率で記録できるXF-AVC に対応。UHD(3840 x 2160)60Pの動画をSDカードに収録可能です。

解像度 カラーサンプリング ビットレート システム周波数/フレームレート
59.94Hz 50.00Hz 24.00Hz
59.94i 59.94P 29.97P 23.98P 50.00i 50.00P 25.00P 24.00P
3840×2160 YCbCr 4:2:0
8 bit
160 Mbps
Long GOP
1920×1080 YCbCr 4:2:0
8 bit
45 Mbps
Long GOP
  • ピットレートの方式はVBR(可変)。「Long GOP」は前後のフレームの差分を圧縮し、高圧縮で長時間の録画が可能。

MP4 UHD 60PをSDカードに記録可能

UHD(3840 x 2160)60P対応により、十分な画質を維持しつつ、汎用性の高いSDカードに長時間収録が可能です。

写真:UHD作例/MP4 MP4 UHD 60P Long GOP記録 SDカード×2
解像度 カラーサンプリング ビットレート システム周波数/フレームレート
59.94Hz 50.00Hz 24.00Hz
59.94P 29.97P 23.98P 50.00P 25.00P 24.00P
3840×2160 YCbCr 4:2:0
8 bit
150Mbps
Long GOP
1920×1080 YCbCr 4:2:0
8 bit
35 Mbps
Long GOP
  • 150Mbpsの場合は、UHS-I UHSスピードクラス3に対応したSDカードを推奨 。

スローモーション記録 FHD 120P 記録対応

120fps※ FHD

最大120fps撮影を設定することができ、エモーショナルな映像表現を実現します。

  • ※1
    PALは120fps⇒100fpsになります。
  • ※1
    スローモーション撮影に対応

設定可能な撮影フレームレート

録画モード/再生フレームレート 解像度 撮影フレームレート[速度]
59.94P 1080 120P [ x0.5 ]
29.97P 1080 120P [ x0.25 ]
23.98P 1080 120P [ x0.2 ]
24.00P 1080 120P [ x0.2 ]

Canon Log/Canon Log 3に対応

MP4での記録では、Canon Log/Canon log 3に対応。Canon Logでは約800%(最大12STOP)のダイナミックレンジ、Canon Log 3(最大13STOP)では約1600%のダイナミックレンジを確保しています。

図:Canon Log

Canon Log 3の各ISOによるダイナミックレンジの変化

図:Canon Log3の各ISOによるダイナミックレンジの変化

編集レスで、滑らかな諧調と白とびを抑えたワイドDRガンマ

ワイドDRガンマは高輝度部をなめらかに圧縮し、800%の広いダイナミックレンジを実現。ガンマカーブとの連続性を維持したなめらかな階調と白とびを抑えた撮影が可能。

写真:ワイドDRガンマイメージ:白とびを抑え、高輝度部もなめらかな階調を表現/Normal 1イメージ:高輝度部で白とびし、色曲りも発生

ACES 1.0 viewing LUT対応(SDI出力)

SDI端子に「ACESproxy」のLUTを適用すると、ACESproxy準拠の映像に変換して出力できます。対応する表示装置でモニタリングすることにより、撮影現場でカラーグレーディング時の映像を確認しながら撮影できます。

  • 0.7には非対応

WB白セット可能範囲拡大

従来は安全のため白セット不可としていた範囲まで白セット可能範囲を拡大。その結果青側にセット可能範囲が広がり、水中の色も広範囲に対応可能になるなど表現の幅をさらに広げました。

図:白セット可能範囲拡大

豊富なEFレンズを駆使した多彩な映像表現

EFレンズ対応

EOS C200/C200Bは、超広角から超望遠の単焦点・ズームをはじめ、フィッシュアイやTS-E、マクロなどの特殊レンズをラインアップするEFレンズを使うことができます。動画に最適なシネマレンズも取り揃えておりますので、用途に合わせてお使いください。

写真:EFレンズ