映画制作機器EOS C500 Mark IIワークフロー

4K内部記録/RAW出力対応、デュアルピクセルCMOS AF搭載。 EOS C500 Mark II

多彩なワークフローに対応

図:ワークフロー

Cinema RAW Development

アイコン:Canon Cinema RAW Development

Cinema RAW Developmentは、キヤノン製のカメラで収録したCinema RAW/Cinema RAW Lightの映像素材に対応したソフトウエアです。映像のプレビュー、各種現像パラメータの設定やワークフローに応じたフォーマットへのエクスポート等を行うことができ、対応GPUを搭載したPCにてRAW素材のリアルタイム再生も可能です。EOS C500 Mark IIに搭載されている5.9K Cinema RAW Lightの現像に対応する、Ver.2.4を後日リリース予定です。

動作環境

Windows Windows 10(64bit)、Windows 8.1(64bit)、Windows 7(Service Pack 64bit)
Mac MacOS 10.14、MacOS 10.13、MacOS 10.12、Mac OS X 10.11
画面:Canon Cinema RAW Development

【主な特長】

1.Cinema RAWの現像
  • EOS C500 Mark IIの、5.9K/4K/2K Ciname RAW Lightに対応。(Ver. 2.4以降)
  • 各種現像パラメータ(WB、ISO、Brightness、Sharpness、Gamut、Gamma)の設定が可能。
  • ワークフローに応じたフォーマットへのエクスポートが可能(DPX、ProRes[Macのみ]、 OpenEXR)
2.GPUを用いたリアルタイム再生/外部モニタリング
  • RAW素材のプレビュー再生が可能。
  • 対応GPUを搭載したPCでHDR(PQ/Hybrid Log-Gamma)等の外部モニタリングが可能。
3.アナモフィックレンズ対応 (プレビュー/エクスポート)
  • アナモフィックレンズを用いて撮影した映像素材のデスクイーズ処理に対応(1.33倍/2倍)。

Canon XF Utility

アイコン:Canon XF Utility

XF-MPEGおよびXF-AVCに対応した動画データの、取込み・再生・管理と、静止画データへの切り出し(XF-AVCのみ)に対応したソフトウエアを無償ダウンロード提供。EOS C500 Mark IIで撮影した高ビットレート動画のリアルタイム再生に対応し、ストレスのない作業が可能。Canon Log 3やアナモフィックレンズにも対応します。

  • Ver. 3.5(後日リリース予定)以降で対応予定
Windows Windows 10(64bit)、Windows 8.1(64bit)、Windows 7(Service Pack 64bit)
Mac MacOS 10.14、MacOS 10.13、MacOS 10.12、Mac OS X 10.11、Mac OS X 10.10
画面:Canon Cinema RAW Development

【主な特長】

1.動画データの取り込み・管理
各種メディアに記録された動画データを取り込み、効率的に管理することが可能。
2.動画データのリアルタイム再生
4K 60P/50Pクリップのコマ落ちのないリアルタイム再生が可能。EOS C500 Mark IIの高ビットレート動画もストレスなく扱えるハイパフォーマンスを実現。(Ver. 3.5以降)
3.メタデータの確認
動画データに記録されたメタデータの確認が可能。
4.LUT適用/アナモフィックレンズ対応
LUTを適応し動画データ再生することや、アナモフィックレンズで撮影されたデータをデスクイーズ(1.33倍/2倍)し再生することが可能。
このページのトップへ